スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「こんがりパンの入ったスープ」
お菓子
寒くなってきたので、お昼のお供に温かいスープ類を
付けることが多くなっています。

昨年からのヒットは、いろんな味が出てる「スープ春雨」なのですが
今年はこんな商品が出てました。

「こんがりパンの入った」シリーズのスープ達です。

上=「こんがりパンの入った かぼちゃポタージュ」
左下=「こんがりパンの入った クラムチャウダー」
右下=「こんがりパンの入ったコーンポタージュ」

パンスープ
実際に全部食べてみたのですが、
写せたのは、「かぼちゃポタージュ」だけでした。

粉状のスープと、コロコロしたパン部分が入っているカップに
お湯を注ぎ15秒ほどすぐに混ぜた後、1分放置すると
出来上がるタイプのスープ。

パンスープ
最初に混ぜている時には感じなかった、パンのトロッとした感じが
1分放置すると出てて、スープが芯まで染みていたのが不思議でした。
それに、パンの表面はカリッと感がまだ残ってたのも不思議。
本当に焼きたての大きいクルトンをスープに浮かべた感じがしました。
スープは染みるけど、サクッと感もまだある感じ。

猫舌なので、しっかりふーふーしてから戴きました。

そうそう!
クラムチャウダーが面白かった!
貝の部分も最初はカリカリのフリーズドライチックな加工が
されているのに、お湯を注いで待つとちゃんと「貝」の形と
食感、味がしたのです。

日本の技術って!
って、関心するランチでもありました。


POKKA 「こんがりパンの入った」 シリーズ (←リンク有り)


他にも、 「キーマカレー」「きのこのポタージュ」「チーズポタージュ」があるらしい。
「きのこのポタージュ」に至っては、「パイ」が入ってるんですって!
かなり気になります。
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。