スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もち吉「えん餅」
もち吉「えん餅」

明けましておめでとうございます

今年も美味しい物に沢山出会いたいと
思っています。

「No good meal, No good life」~良き食事なくして良き人生なし~

もち吉「えん餅」
そんな新年第一回目の美味しい物は、
地元福岡県は直方市の米菓子屋さん「もち吉」『えん餅』です。
「もち吉」は、御煎餅や「おかき」が有名なお店。
店舗では美味しい水も売っていたりもする福岡県下に結構な
数の支店を持つお店です。
こちらのお店にこの手のお菓子があることを初めて知りました。

もち吉「えん餅」
白い方のパッケージを開けるとこんな感じでした。
わっ!
あのお餅に似てる!

もち吉「えん餅」
中はこんな感じ。
白いパッケージの方は「白餡」でした。
皮はもっちりしてて、やっぱり京都のアノお餅に似てました。

もち吉「えん餅」
続きまして、ピンクの方のパッケージもいただきました。
「白が白餡ということは、ピンクはピンク餡?」なんて
想像したりもしたのですが・・・

正解は、「黒つぶ餡」でございました。

「えん餅」黒
黒餡の方はますます、京都のアノ「お餅」そのもの!
こういうお菓子って、似てても何の問題にもならないのでしょうね?

えん餅
どうして、ひらがなで「えん」と書くのか、
「円」なのか「縁」なのか?
まさか、「宴?」などと思いながら美味しくいただきました。


もち吉 えん餅


そっくりでしょ?って思ったアノお餅のレポは・・・・ コチラ

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。