スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・ペニンシュラ東京の引き菓子(チョコ)
ペニンシュラ東京
こちらは、5月だったか6月だったかのお話。

東京の姪っ子の結婚式に出たという叔母が
引き菓子を「あなたが好きそうだから持ってきたよ」と
お土産にくださいました。

ペニンシュラ東京のチョコ
「PENINSULA」 の文字に少々ビビリながら
中を覗くことにしました。
だって、既に箱が単なる立方体ではないんですもの。

ペニンシュラ東京
「ウエディングのお菓子だからホワイトチョコ?」なんて想像したのですが
考え過ぎな気がしなくもありませんでした。

でも、ウェディングドレスと宝石達に見えなくもない気もしました。

ペニンシュラ東京
薄く広げられたホワイトチョコの上に、
クルミ、ピスタチオ、イチゴ、ブルーベリーが乗ってます。
ベリー系はセミドライになってるので、ジューシーさも残っていて
とても食べ易い美味しいお菓子でした。

ペニンシュラ東京のチョコ
最初、イチゴは、イチヂクなのかなと思っていて
口にしたら少し酸味があって「あれ?」って思いました。
イチゴの方が色的にも酸味的にも適任なのかもとも
思いました。

ペニンシュラ東京
最後にお決まりの材料表を。
ここを見るだけで色んなことが分かるので
密かに楽しみにしていたりします。

今回も、「ペニンシュラ東京」が株式会社なのだと
いうことが分かったり、お菓子の名前が
『マンディアンホワイト』ということが分かりました。


美味しいお土産を、ありがとうございました!
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。