スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くじゅう「たで原湿原」を早朝散歩
早朝の長者原
2度目に「トライアル温泉郷 『虎乃湯』 」へ泊まった翌朝、
6時半にお部屋を出て散歩へ出てみました。

出る前にスタバのステンレスタンブラーに
コーヒーを満タンに入れて出たのが
ちょうど良い程、外は寒くなってました。

くじゅう たで原湿原
朝の散歩はとっても気持ちよかったデス。


早朝の長者原
朝6:30に、もう朝練をしている方たちが。
車が伴走してるのを見て、
かなり本格的な雰囲気がしました。(プロの方たちなのかな?)

長者原
あ、言い忘れてますが、お宿から歩いて出たわけではありません。
車で「くじゅうビジターセンター」まで行ってから
湿原内を散歩しました。

長者原
ここで標高1,018mなのです。
そりゃー気温10℃にもなりますよ。
って思っちゃいました。

8月に平地が34℃の時、お宿が25℃でした。
やっぱり10℃違うんですね。


たで原湿原
ということで、今回歩いたのがピンクのライン。
このコースでゆっくり歩いて30分弱だったと思います。

途中、数人の方とすれ違ったのと、
停めた駐車場がほぼ満車で中で寝てる人が沢山居たのと
登山を開始している方の姿も見えたのが驚きでした。


たで原湿原
この湿原。
こんなに長い名前なのですね。
「くじゅう坊ガツル・タデ原湿原」

長者原たで原湿原
そして、いまだによく分からない「久住」「九重」の違い。
インターは「九重」と書いて「ここのえ」なので
「くじゅう」と言うときには「久住」を使うのかなと
勝手に思ってましたが、そうでも無いみたい。
難しい。

そう言えば、多くの場合ひらがなで
「くじゅう」と書いてある気がしてきました。


たで原湿原
見渡す限りの「ススキ」の原でした。
でも、まだ穂がフワフワになる前で秋っぽさには欠けました。
今くらいがちょうど良さそうな気がします。

長者原たで原湿原
話は前後しますが、スタートはこの橋を渡るところから。
「くじゅうビジターセンター」の建物脇の
階段を下りると、遊歩道が始まります。
しばらくの間は、十分な幅があるウッドデッキを
歩きました。

長者原
高度があるのに雲はもっと高い位置にありました。
「秋らしい雲」を眺めていたら・・・・

長者原たで原湿原
「トライアル温泉郷」の建物がチラチラ見えてました。
こんなに「タデ原湿原」に隣接してるとは!
自然破壊を懸念する地元の方たちの気持ちも分かる気がしました。

たで原湿原
歩いている途中で、山の向こうから陽が出てきました。
面白い日の出を体験しました。

蓼原湿原
面白いと言えば、面白い植物も生えてました。


くじゅう長者原
よく見ていた「木道」の光景にずっとこのような道が
続くのかとワクワクしていたわけですが・・・

くじゅう連山 長者原
実はあまりこのタイプの「木道」は長くなく
ほぼウッドデッキか、このような少しフワフワした道でした。


たで原湿原
ぐるりと周り到着したのはビジターセンターのお隣の
「レストハウスやまなみ」でした。
足湯があったのですが、湯気が出ていたのは外気が寒かったからで
結構ぬるめでした。
中では朝食を摂ってる人、お弁当を購入してる方の姿がありました。
皆さん朝早くから活動的!

と、感心しながら車でまたお宿へと戻りました。

あー気持ちよかった!
関連記事

Comment - 5

よし

こんばんは

ふぅ~さん
 こんばんは

 ほんとっ!
 行動パターンが一緒です。
 どこかですれ違ってますね,ぜったい。

 ぼくの(正確には“ぼくの”ではなく,“ぼくの親戚の”ですが)山荘はこの飯田高原近くにあります。
 長者原に向かう途中に「トライアル温泉郷」の案内ができていたので,何かなって思っていました。

 「九重」と「久住」,ぼくも「ここのえ」と「くじゅう」だと思っていました。
 「九重九湯」,「九重町」は「ここのえ…」,「久住山」は「くじゅう…」って言うし。


 でも,おやじ集団と行動パターンが一緒というのはどこかおかしいですね(笑)

2011/10/02(Sun) 00:59

Edit | Reply | 

管理人 ふぅ~

管理人 ふぅ~">

☆☆☆ よしサマ ☆☆☆

こんばんは、よしサン。

ねっ、行動範囲が似てて笑っちゃいました。
どこかできっとすれ違ってますよね。


飯田高原の周りには沢山の別荘が立ち並んでて
「いいなぁ」って思いながら通ってました。
それに気になるカフェやレストランもポツポツあって
そこも気になったりしてて。。。
あのどこかに よしサンがいつも行かれてる山荘があるんですね。
とっても羨ましいです。

今回泊まった「トライアル温泉郷」の中の「虎乃湯」さんは、
名前に「湯」がつくからなのでしょう。
チェックインしてる間だけでも3組の方が
「立ち寄り湯はここで受付?」と訪ねて来られてました。
その皆さんが登山の帰りって感じのファッションでした。

今は、宿泊施設しかないので皆さん帰られてましたが
今後開発の予定があるそうです。
よしサンも山荘に泊まり、お風呂だけトライアルにって
使い方ができるかも?

あ、それにフロントは24時間開いてるそうなので
お菓子やラーメンを買いに山荘から行かれるのも1つの
使い方かもしれません。


P.S.よしサン「おやじ」なんですか?
   というか、私は十分「おばさん」ですよ(笑)

2011/10/03(Mon) 22:19

keiko

「九重」は「くじゅう」とは読まず「ここのえ」と読むよね。

んで、「久住」と「九重」は、
確か隣り合った市?町?が違うとか。

んで、国定公園なんかはどっちかって限定されない?ように、
ひらがなの「くじゅう」にしたんだっけか…。

むかーし、大分出身の人に教えてもらったんだけどねー…。

2011/10/05(Wed) 17:16

Edit | Reply | 

keiko

九重・久住・くじゅう

気になって調べたら、これが判りやすいかも!!
www.kujuaid.net/contents/kokonokuju.html

お寺が元なんだねー。初耳でビックリしました。

ま、私のことなんで、すぐに忘れてしまうと思うけど(笑)


リンク貼ると「英字の比率が高いので、スパム判定」されちゃうみたい。
今度はコメント残せるか??



2011/10/05(Wed) 17:22

Edit | Reply | 

管理人 ふぅ~

管理人 ふぅ~">

☆☆☆ keikoさま ☆☆☆

こんばんは、keikoさん!

すっごく分かりやすいサイトを教えて下さり
ありがとうございました!
分かったには分かったのですが、
非常に紛らわしい!
どうして「九重」を「ここのえ」に
統一しなかったんでしょうね?

か、「久住」と「九重」を併せて
「くじゅう町」を作ってしまえばいいのに。

とにかく、色んなことがわかってスッキリしました。
ありがとうございました!


P.S.スパム設定の件は昔スパムコメントが多くて
  設定を厳しくしてしまってました。
  お手数おかけしてスミマセンでした。

2011/10/05(Wed) 21:40

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。