スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「僧伽小野(さんがおの)」でお誕生日ディナー(糸島) 後半
「前半(リンク)」の「箸休め」の続きになります・・・

僧伽小野
つづきましては「招福」と名づけられたお盆が運ばれてきました。
お盆の上には枡も乗っていて、ますます御目出度い気分に。

僧伽小野
まずは、「三瀬鶏の鍬焼き あらの橙付け焼き アンチョビソース
焼き葱 牛蒡 菜の花 しめじ」
 とのこと。
和のような洋のようなで美味しかったのを覚えています。

僧伽小野
奥の枡の中身は、「五色豆」でした。
カワイイ!

僧伽小野
こちらは、「湯葉豆腐」
これにも縁起がかけてあるのかな?って思いながら
いただきました。

僧伽小野
ここで、土鍋が登場。
少し蒸らしますとのことでした。

僧伽小野
混ぜる前に見せていただいたのがコチラ▲。
暗くてキレイに写りませんでした。

僧伽小野
よそってもらったのがコチラ。
「お食事 ウニと伊都旬魚の炊き込みご飯」
うにご飯だなんて豪華!
白っぽいご飯なので薄味なのかなと思ったのですが
しっかり味がついてて美味しかった。
お釜で炊いたご飯ってどうしてこんなに美味しいんでしょう!

僧伽小野
よかったらどうぞと、「たまごかけご飯」のセットも
置いてくださったのですが、私は生タマゴNGなので
お供さんに食べていただいて画像だけいただきました。

僧伽小野
タマゴとウニ。
合わないわけがない!
と、美味しそうに食べてました。

僧伽小野
お吸い物は、「潮汁」とのこと。
どこまでも上品なお料理でした。

僧伽小野
デザートは・・・「苺のバターケーキ 生チョコ 抹茶のティラミス」
とのことでしたが「生チョコ」は見当たりませんでした。

僧伽小野
あーーー美味しかった!
果物が1品くらい欲しかったなと
思いました。
ここで「キンカン」でもいいのかなとも。

僧伽小野
美しく、美味しかった上に、サービスも親切で細やか。
居心地の良い畳の上に椅子とテーブルのお席とキレイな景色。
文句のつけようがないお食事となりました。

僧伽小野
言うなればオーベルジュです。
お料理にコダワリを持たれているお宿なので
いつか泊まりたいなと思いましたが、
自分で行くのであればランチがちょうどいいのかもと思います。


大変美味しゅうございました。
お御馳走様でした。



僧伽小野 一秀庵 (さんがおの いっしゅうあん)  (←リンク有り)


住■福岡県糸島市志摩久家2143-2 (地図
T■092-328-3938
時■11:00~23:00(ランチ11:00~16:00)
休■不定休
P■有り

多分、完全予約制なんじゃないかなと思います。
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。