スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道の駅太良で「たらふく食べよう会」
tara
牡蠣小屋で魚介を堪能した後、向かったのは
「道の駅太良(たら)」でした。

ここでやらなきゃいけないこと。
それは「ミカンの大試食会」でした。

tara
各生産者の方々が、ミカンを1房ごとにバラして
大きなタッパーに入れ、試食させてくださるのです。
なので味見して美味しい物を買うことができます。

道の駅太良
たぶん、20房は食べたと思います。
ミカンにして3個くらいになるのかな?

で、決めたのがこの2つ。

右= 木成り完熟みかん (竹下農園)200円
左= ポンカン (初田喜美●さん)170円

です。普通のミカンは戴き物がほぼ常備されていて
有難味が薄いので「選りすぐりの1品+違う品種」
決めたのでした。

他にもお高めな珍しい品種「クレメンティン」なども
ありました。スペインから来た品種って言われてたような・・・
味見だけさせていただきましたが「確かに」って
納得の色と味でした。 (ブラッドオレンジ風でした)

tara
駐車場を一部封鎖して、イベントがあってたので
覗いてみることにしました。
その名も「たらふく食べよう会」

「太良」だから「たらふく」?
私だったら「美味しいっタラ仕方ないの会」って命名するね
なんてことを思いながら近づくと・・・

tara
今流行りの「ゆるキャラ」が2体いました。
(片方はうまく撮れてませんでした)
渡り蟹の「ガネッタ」くんと・・・
もう1つは何だったのか?

名前を教えていただいた時に「ガネッタ?」と疑問形で
発音したところ「この辺りじゃ“カニ”“ガネ”って
言いますけん」と教えてくださいました。
ってことは、「焼きガニ」は「焼きガネ」ってこと?

tara
ゆるキャラのお向かいには、
本物の子牛もいました。
寒くないように、防寒対策してもらってました。

tara
地元の物産市があってたのですが、
「みかんジュース家族」が勢ぞろいしてました。
「セニョリータ陽子」が一番高いってことは・・・お母さん?
もしかして、母子家庭?
なんて想像も。

tara
これがとっても珍しくて不思議でした。
小さい牡蠣とサツマイモが同じ釜で炊かれてるんです。
味付けは塩だけとのこと。
作り方は、まずお鍋にサツマイモと水を入れ
お芋をやわらかくしておいて、後から牡蠣を入れるんだそうです。
で、食べる時は、牡蠣の殻を取りながら両方を食べるとのこと。
家で作れる「お芋と牡蠣のセット」を販売されてましたが、
我が家の人たちは、こんなに珍しい物を受け入れる
雰囲気ではなかったので諦めました。

tara
「佐賀牛の試食でーす!」って聞こえたので
近づくと、鉄板でジュージュー焼かれた佐賀牛が。
牛のお皿を受け取ろうとすると、
「豚もどうぞ」と豚のお皿も。。。
「わさびドレッシング」というのが卓上にあったので
豚には「わさびドレッシング」を掛けてみました。

焼きたての佐賀牛と、少し冷めてたけど
わさびドレッシングでピリリと美味しく
やわらかかったポーク。
両方とも美味でした。

道の駅太良
牡蠣小屋で「魚介類&釜めし」のランチをとり
道の駅で「ミカン」のデザートを食べたというのに
すぐに、いろいろ試食し満腹になったので
干潟を見ながら少し休憩。

道の駅太良
ただ、すぐに別腹が・・・
と、売店で売られていた「ミカンソフト(ミルクとのミックス)
食べちゃったのでした。

道の駅太良
食べながら、堤防の下を覗き込むと・・・
何かいる!!!

道の駅太良
最初「宇宙人」かと思った物体は
「巨大なクラゲ」だったのでした。

道の駅太良



道の駅 太良 (←リンク有り)

住■佐賀県藤津郡太良町大字伊福甲3488番地2
T■0954-67-9117
時■売店・レストラン 9:00~18:00
休■元旦
P■たくさん



関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。