スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(台北一人旅―14)おめざに「豆乳」と「お焼き」
taipei
「ダンテコーヒー」の朝食がイマイチだったわけですが
実は数軒隣にあったお店の「お焼き」が気になり
購入してみたかったのでした。

「お焼き」には、『肉』『青菜』と書いてあったので
今回は「肉」を2個にしてみました。

そして「豆乳」の文字を見つけて
それも指さして購入してみました。
お店のオバサマは手馴れたもので、指さしでも
ポンポン対応、料金も英語で教えてくださいました。

「豆乳」は既にシーリングされたパックをポンと
ピンクと半透明のストライプの袋(どのお店もこのストライプの袋でした)
入れてくださいました。

ストローを刺して飲む豆乳は、アツアツで
濃度的には薄いものの甘く味付けがされていて
なんとも微妙な感じの豆乳ドリンクでした。

taipei
「お焼き」と書いているこの商品。
「水煎包」って商品なのかな?
どのくらいの大きさかと言いますと・・・・ミカンくらい。
「肉まん」を蒸し焼きにしてるって感じの商品でした。

taipei
既に冷めつつあったので、やけどすることなく食べれましたが
危うく肉汁をこぼしそうになるほど沢山の肉汁が、
皮と具の間にあって、具にはしっかり味付けもされてて
とってもおいしかったです。

これだけ美味しかった事を思うと、どうして「青菜」と1つづつ
買わなかったのか後悔しました。


ちなみに、この「お焼き」屋さんのまた数軒お隣に
鉄板でジューッと焼いていた色んな具が入った「玉子焼き」屋さんも
あり、かなり気になりました。

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。