スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(台北一人旅―35)「林合發油飯」を永楽市場で
taipei
お参りを済ませ、本来の目的でもある2つの事を
するために動き出しました。

ガイドブックの地図上では「霞海城隍廟」の隣にある、
この▲ 永楽市場の中にあるっぽかったので、歩き回れば見つかるでしょ?
と、探しはじめました。

taipei
お肉屋さん、魚屋さんなどが並んでます。
ここ▲は、お饅頭屋さんぽいですね。
お饅頭の中はどんなことになってるのか、
気になりましたが、私には目指すべき目標が!

1周ぐるりと回ったのに見つかりませんでした。
目的のお店は人気店で正午には閉店しちゃうとのこと。
時刻は11時を過ぎた頃だったので「早終い?」と
不安になったりも。
次に、もしかしてこの市場の中じゃなくて外に面してたり?
と、外周を1周ぐるりと回ってみて、その後次のブロックも
ぐるっと周ってみたのに見つかりません。

諦めて、最初に見た市場の2階が第3の目的の場所だったので
階段を上り2階をまわることにしました。
(画像を撮らなかったのを後悔してます)

この迪化街は、中国福建省の方々がまず移り住んだ場所で
色んな問屋さんが並ぶ場所です。
特に今は乾物と生地(服地)の問屋さんが集まってることで
有名な場所で、市場の2階には生地屋さんや
台湾チックな生地でできた小物を売られてるお土産物屋さんが
あるとガイドブックにあったのでした。

確かに、生地屋さんが並んでました。
市場の1階には仕立て屋さんが並んでたり、ボタンやファスナー
レースのみの専門店もあったので、
上手に工夫すればここで何かオーダーメードもできそうな
気がしました。

2階に上がりチラッと1周して「ココとココに後でゆっくり寄ろう」と
思いつつ時刻がどんどん過ぎて行くのが気になり
階段の踊り場まで戻りガイドブックを開いて
「一体どこなのよー!?」とつぶやいたところ・・・
踊り場にもお店があり(気付いてなかった!)
中から「どうしたの?」って顔をしてこちらを見てた
オバサマとバチッと目が合ってしまいました。

ニコッとされたので、思わず近づきガイドブックを見せながら
「You know?」と言ってみたところ、絶対に英語は通じてないと
思うのですが「はいはい!そこね、着いてきなさい」というような
ことを言われたと思ったら、オバサマはお財布だけ持って
階段を下り始められました。(お店は無人になっちゃいました。)

taipei
で、つれてきていただけたのが、第二の目的の場所▲である
「林合發油飯」した。
オバサマに何度かお礼を言うと、オバサマはにこやかに手を振り
お饅頭屋さんで何かを買って帰られてました。

taipei
目的の場所は「おこわ」のお店です。
目の前では、赤いお弁当箱に「おこわ」とタマゴとチキンとが
次から次に詰められてます。
魅力的です。

でも、絶対に量が多すぎます。

でもでもでも・・・って悩みながら
「コレを1つ」とジェスチャーでしたところ
何か言われました。
全く何て言われてるのか分かりませんでした。

すると、お客さんできていた20代のお姉さんが
英語で通訳を始めてくださったのです。

taipei
「これはお祝い用のお弁当で予約制だから
同じ物はない」ということを伝えつつ
この▲メニュー表をお店から借りて渡してくれました。

おぉ!素晴らしすぎます。

「おこわ」を1人分と・・・とお姉さんに言うと
お店のオバサマがビニール袋に入れ始めたので
「ボックスでお願いします」とお姉さんに言い・・・
するとお姉さんがオバサマと話をして「2人前から」と
聞き出してくれ、「じゃー2人前でいい」と私が返し・・・

「チキンも欲しい」と言うとお姉さんがオバサマに
また言ってくれたのですが
「チキンは予約で売り切れ」とのことで。。。
チキン1本がタマゴに変わってしまったのでした。

ここでお姉さんがオーダーした、
普通の箱に入ったお弁当10個ほどが出来上がり
お姉さんは帰って行かれました。

服地屋さんのオバサマといい、お姉さんといい、
とてもにこやかで親切でした。
感動するくらい、見返りを求めず困ってるから助けるという
ボランティア精神あふれる方が台湾には多い気がしました。

taipei
私のお弁当を包んでいただいてる間、
目の前で詰められていく沢山のお祝い用のお弁当を
眺めてました。
ピンクの物は確かタマゴだった気がします。
何のお祝いなんでしょうね?

日本でも、ベビーが生まれたり、結婚式の日に
ご近所にお餅やお赤飯の折を配ったりしますよね。
それと同じ感じなのかなって思ったりしました。

taipei
ちなみに・・・
この「おこわ屋さん」の近くには「象印」のお店もありました。
「おこわ」を受け取るととってもホカホカでずっしり重かったのです。
晴れていれば市場の入り口のベンチに座ったり
近くの公園でいただけるのに・・・・

「早く帰って食べなきゃ」って気になってしまいまして・・・
第3の目的の再チェックをすっかり忘れてホテルへ帰ることにしたのでした。

taipei
何度も通っている、台北駅前の三越の交差点。
この日が一番雨脚が強くて、悲しくなるほどでした。

taipei
お部屋に戻ると既にお掃除が終わってました。
まずは撮影から。

taipei
普通のお弁当の箱はこんな感じになります。

taipei
開けてびっくり。
ぎっしり詰められた「おこわ」と
なぜか2個入ってた「タマゴ」。
1個しかオーダーしなかった気がしたのですが。。。
2個って言ったのかな?

taipei
タマゴの中はこんな感じ。
想像通りに美味しい卵でした。

taipei
メインの「おこわ」ですが、超美味しかった!
元々のご飯部分も餅米が沢山使われていて
モッチリしてるし、干し海老の出汁も利いてる上に
干しシイタケの煮たのがまた良いお味で、
別々に食べても一緒に食べても美味しい「おこわ」なのでした。

チキン食べたかったーー!


あ、ただ、いくら美味しいと言っても
流石に2人前の「おこわ」を食べるだけの胃袋は
なかったので、残りはまた後でと置いて
次のお出かけへと向かいました。



林合發油飯  (←リンク有り)


住■台北市迪化街1段21號1樓
  (永樂市場大樓1041室)
T■(台湾)02-2559-2888(午前中)
休■不定期
時■07:30~12:30頃(売り切れしだい)
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。