スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(台北一人旅―41)憧れの「鼎泰豊(ディンタイフォン)」で夕食
taipei
18時前だったこともあり、「いけるかも?」と
お店に近づきました。
置いてあったメニュを見て「大丈夫そう」と受付のお姉さんに
「一人でも大丈夫?」と英語で聞いてみると「sure」のお返事で
お席に案内していただきました。

入り口からは分からない、奥にとっても広い作りになっていて
あまり目立たない窓側のお席に案内していただけました。
お席の横▲には、荷物入れのバスケットもあり、
お買い物した荷物を入れると、サッと
お姉さんが上に布を掛けてくださいました。
素晴らしいサービスでした。

ディンタイフォン
入り口のメニューを見て「いけるかも」と思った理由は
これ▲でした。

小龍包が5個からオーダーできたのでした。

ディンタイフォン
その小龍包も、普通の物以外に
トリュフ入りやチキン入りなど色んな種類が
あって目移りしました。

県泰豊
悩みに悩んでオーダーしました。

すぐに、小龍包用の「生姜の千切り」と
食べ方の案内用紙を持ってきてくださいました。

県泰豊
食べ方の案内▲。
メニューも、この案内も日本語で書かれてました。
日本人に優しいお店です。

デインタイフォン
小龍包の蒸し場はこんな感じ。
ガラス張りで中が見えました。

taipei
店内の奥はこんな感じ。
夕方6時で6割埋まってる感じでした。

taipei101
待つこと3分ほどで、悩んだ末に「残してもいいや」と
オーダーした「空心菜の炒め物」が到着。
実はコレ、ハーフサイズだったりします。

1人なのでどうオーダーするかを悩みました。
小龍包を2種類にしようかな、
炒飯食べたいけど、一人じゃ無理だし・・・
青菜の炒め物なら残してもいいやと思い、
オーダーしたろころ「ハーフにもできますよ」と
言われてしまいました。

えーーーー!
メニューにはそんなこと書かれてないよー!
と、嬉しくなりました。

菜っ葉も、色んな種類があって
「ホウレン草」「豆苗」「A菜」 (←って何?)っていうのがあり、
どれにするかでまた悩みました。

空心菜を2口食べたところで・・・

ディンタイフォン
「小龍包」が到着。
5個って、なんか少し寂しい。

ディンタイフォン台北101
写りが良くないですね。
この小龍包は、中央に向かって寄せられた「ひだ」の数まで
決められてるんだそうです。

101
酢醤油を染ませた千切り生姜を上に乗っけて
お箸で皮を破くとスープがジュワッと出てきました。

ふーふーしてから食べてみたのですが
あまり熱くありませんでした。
感動があまりありませんでした。

日本では、名古屋の駅ビルの上の方と、熊本のデパートで
食べたことがあるのですが、ほぼ同じレベルの味でした。
本場で食べたら、もっと美味しいんだろうと
期待しすぎていたのかもしれません。

ディンタイフォン
ここで「チマキ」が到着。

この粽も、「本当は炒飯が食べたいけど多すぎるだろうし」と
諦めて選んだものでした。
「空心菜」の一件から考えると・・・
「もしかして炒飯もハーフポーションが存在した?」
なんてことを思ったりもしました。

ティンタイフォン
その「ちまき」ですが・・・美味しかったです!
ご飯粒がつぶれるくらいモチモチでした。

中にはチキンと栗も入ってました。(タブン)

県泰豊
ここでメニューをいただき、悩みました。

何かを追加したかったのです。
空心菜とチマキはあと半分残ってましたが、
メインに何か。

でも、小龍包はもういいかなって思ってたし
実はチマキを食べながら「あ、お部屋に『おこわ』がある」
ということを思い出したりもしまして・・・

お姉さんにお土産物をオーダーして終わりにしました。

台北101
卓上の調味料が置かれているプレートの中央に
テーブルの番号札がありました。
よくよく見ると▲、小龍包のセイロのキャラクターでした。

食器の全てに店名が入ってるのはすぐに分かりましたが
まさかココにまで店名が!

台北101
「ごちそうさまでした」の図。

お茶はなくなりそうになると
すぐに注ぎに来てくださいました。
とても気がつくお店の方たちでした。

鼎泰豐
お部屋に帰り、お土産にしたものたちをパチリ。
パッケージも「これでもか」と言わんばかりの店名入り。

ちなみに・・・左上 =烏龍茶のセット
右=パイナップルケーキ
下=ムシパン
です。

ティンタイフォン
「蒸しパン」は、オーダーした時に
熱いのにするか冷たいのにするかを聞かれました。
「冷たい」のを選んだところ、温め方の案内が入ってました。

鼎泰豐
中はこんな感じ。
春節の時期限定の蒸しパンのようで
春らしくパステルカラーのツブツブが乗ってました。
これはこのまま日本へ持ち帰りました。

県泰豊
そして「もう買わないぞ」と思っていたパイナップルケーキ
ついつい買ってしまいました。
お土産が足りない気がしたのです。

ディンタイフォン
こちらはお土産で渡してしまったので、
画像だけ撮らせてもらいました。

中はこんな感じ。

ディンタイホン
気になる!
美味しそうな予感がする!

と、思ったものの、家へのお土産には
「微熱山丘」の物を選んだのでこれはこのまま
お世話になってる方へのお土産にさせていただきました。

ティンタイホン
あ!
本当でした。
材料の一番目に「冬瓜」って書かれてます。
次がパイナップルなので、量的にやっぱり冬瓜の方が多いって
ことなのかもしれません。



鼎泰豐 台北101店  (←リンク有り)


(台)ディンタイフォン
(英)DinTaiFung

住■台北市市府路45號 台北101ビル B1階
T■台湾 02-8101-7799
時■日~木曜:11:00~21:30
  金・土・祝前日:11:00~22:00
休■?
関連記事

Comment - 3

あくび

本場だ!

こんにちは。

v-252が綺麗な時期になりましたね。

このお店、博多阪急で行った事があります。
本場はさぞや美味しいのだろうと読み進めましたが、
日本と同じレベルって(笑)
確かに、期待が大きすぎたのかもしれませんね。
でも、雰囲気はやっぱり写真からでも違うと感じる事が出来ます。


>「空心菜の炒め物」がハーフサイズ

この気遣いが嬉しいですね。
沢山食べたいけど一人じゃ無理があるのが、
残念ですね。
それが、一人旅の勿体無さでもありますね。

レポ楽しんで見てますv-392

2012/04/06(Fri) 10:58

Edit | Reply | 

管理人 ふぅ~

管理人 ふぅ~">

☆☆☆ あくびサマ ☆☆☆

こんばんは、あくびサン。
いつもコメント&ウォッチありがとうございます。

桜がキレイですね。
平地では散り始めてますが、
標高が高いところではまだツボミだったりもして、
もう少し楽しめそうな予感がしています。


あくびサンは、博多阪急のお店に行かれてましたね~。
ランチされてましたよね。
多分・・・・台北101と同じ味だったんじゃないでしょうか?
その後、他の方のレポを見ていたのですが、
本店と台北101だとやっぱり本店の方が美味しいと
書かれている方がありました。

そのレポを見てしまったので
「やっぱり本店に行かなきゃ」と思っています。
もうすぐ台北が終わります。


いろいろ溜め込んでるので、
いつか引きこもって一気にアップできたらなぁと
思っています。

2012/04/08(Sun) 23:38

sol

こんにちは。楽しく拝見しました。鼎泰豊、日本にもたくさんありますが、やはり台湾に行くと行ってしまいます。名店に美味いものなしといいますが、ここは外さないと思います。以下、関連記事をアップしています。もしよろしければ見てやってくださいませ。

http://trinidad.blog.so-net.ne.jp/2012-09-25

2012/10/01(Mon) 00:09

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。