スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長湯温泉「ラムネ温泉」(大分県竹田市)
ラムネ温泉
大分県竹田市も、この豪雨水害の風評被害を
受けている地域です。

先週、近くで1泊したので
日帰りでは遠すぎると思っていたこちらの
温泉に行くことができました。

「いつか」と思い始めて既に10年が経とうと
しています。
花王「バブ」のあのシュワシュワとした
お風呂の基(開発のキッカケ)となった温泉です。
そのバブより、12倍の炭酸を含んでいるのが
こちら「ラムネ温泉」です。

長湯温泉ラムネ温泉
長湯温泉に大丸旅館という老舗のお宿があります。
この大丸旅館が外湯の施設を作り
その施設に「ラムネ温泉」とつけました。

この「ラムネ温泉」は、建物は東大の教授が
地元の杉を焼いた「焼杉」の壁と
「銅板」の屋根、トップには生の松の枝が
乗っている、パッと見、北欧チックにも
思えるデザインにされました。

そして、この可愛いロゴは、
南伸坊氏がデザインされたそうです。
素敵な雰囲気が伝わってくるデザインです。

長湯ラムネ温泉
敷地の入り口にはこの建物の
ミニチュワのような小さいオブジェが
ありました。

ラムネ温泉
温泉は、というか、こちらの敷地も建物自体も
これまで色んな方のブログで拝見して想像していたよりも
かなり小さくて驚きました。
自然豊かな温泉地の広々とした敷地に
ゆったりとした建物と温泉の湯船というイメージとは
ほど遠い、こじんまりした敷地の中に
かなりコンパクトにまとめられた
脱衣所や湯船なのでした。

そこにこの温泉を楽しもうと集まるお客さんが
沢山いるので湯船の中では芋の子を洗うように
隣の人と肩が触れるんじゃないかなって
時間もありました。

長湯温泉ラムネの湯
お風呂の画像は当然撮れませんでしたので
オフィシャルサイト(リンク)をご覧ください。

32度の露天風呂です。
暑い中、32度のお湯に浸かるのは
とても気持ちが良くて、1時間は入ってられそう。
露天ですが頭の上にはターフが掛けられているので
それが日除けにもなるし、雨避けにもなって
いいかんじでした。

入って3分も経つと泡が沢山皮膚についてきます。
その泡がどんどん大きくなってくのを眺めながら
周りに書いてある温泉のお話を読んだりもしました。

顔をつけると「シミ」が消えるかもしれないとのことで
息を止め顔をつけたりも。

ラムネ温泉
(正面▲が大浴場の建物です。
右側には貸切の家族湯もありました)


内湯は42度くらいの薄茶色に濁ったお湯でした。
水温が高くなると泡は消えるそうで、
内湯には泡はありませんでした。

ラムネ温泉
入浴中にザーッと雨が降ったりもしましたが
上がると青空が見えました。

ラムネ温泉
受付でオリジナルグッズをチェック。
いろいろ揃っていて魅力的なグッズがありました。
手ぬぐいを買うかどうか真剣に悩みました。

ラムネ温泉
左下に写っているのは「飲泉器」です。
炭酸を鼻が吸わないように取っ手側に
水を通しストローのように飲むのだそうです。

長湯温泉
一旦、受付まで戻りましたが
またお風呂側へ向かいました。
順番が来るまでの間、目の前にあった
貸切湯の入り口をパチリ。
「鹿の部屋」「蝶の部屋」ですって。
サイトを見ると、貸切のお風呂もステキでした。

長湯温泉竹田
私の前の人の背中が写っています。
この人が何をしているのかと言いますと・・・

竹田市長湯温泉
小さい祠のような場所から
飲泉が出ているのでした。

ラムネ温泉
飲んでみました。
温泉なので生温かいです。
ここの温度も32度っぽいです。

味は・・・鉄分たっぷりでほんのりシュワッと
してました。
昨年夏に行った「男池湧水」は冷たくて少し
シュワッてしてましたが、こちらは温かかった。

車で1分ほどの場所にあった、無料の水汲みポイントに
帰りに寄ったところ、そちらは全くの真水で
とっても冷たかったし・・・
この辺りには色んな種類の水が湧いてるみたいです。


また行きたいけど、福岡からは結構遠い場所で
ここにたどり着くまでの間にいくつもの温泉があるので
なかなかたどり着くことができません。
本当は、東洋のナイアガラと言われる「原尻の滝」にも
行きたかったのですが、断念しました。

「またいつか」とは思ってはいますが、
それがいつになるのか?
でも、この地を訪れる旅行者は水害以降減っているそうです。
温泉には全く影響ありませんでした。
悩まれてる方の背中を押すことができればと思います。




ラムネ温泉  (←リンク有り)


住■大分県竹田市直入町大字長湯7676-2 (地図
T■0974-75-2620
時■午前10時~午後10時(早朝入浴:6時~7時)
休■毎月第1水曜日(1月と5月は第2水曜日)
P■20台くらい
¥■大人500円 / 小人(3歳~小学生)200円
 家族湯2,000円(1時間)
設■シャンプーも石鹸もありません。
 必要な方は持参しましょう。
関連記事

Comment - 2

nuna_nuna

ふぅさん、こんにちは(^^)
地元ネタなのに知らないことだらけで
アセアセ(笑)
長湯温泉、こじんまりとしてますが
いいですよね~♪
もうずーっと行ってないので
レポを拝見してたら久々に行きたくなりました♪♪
あと男池湧水へは義母がよく行ってるんですよ~

原尻の滝は綺麗なとこなのでオススメです!!
こちらも随分ご無沙汰です(^^ゞ
もし行かれるなら春のチューリップの頃が
いいかと思います♡

2012/08/31(Fri) 14:09

Edit | Reply | 

管理人 ふぅ~

管理人 ふぅ~">

☆☆☆ nuna_nunaさま ☆☆☆

こんばんは、nuna_nunaさん!


長湯温泉は「念願叶って」行くことができました。
すごく良いところですね。
1箇所にしか行けませんでしたが、
お湯巡りしてみたくなりました。

お義母様は男池へ行かれるんですね。
お水はどんな風に使われてるんでしょう?

原尻の滝は「春」が良いのですね。
来春に目標を設定しようと思います。
教えてくださりありがとうございました♪

2012/09/04(Tue) 22:30

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。