スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下関「かもんわーふ」と「あるかぽーと海峡屋台村」
下関
お盆の頃のお話。
下関へ行くことになりました。
行ってみると翌日が関門海峡の花火大会ということで
少しずつ準備が始まっているところでした。

下関
向かったのは、テレビ番組で紹介されていた
10月14日までの期間限定で出ている屋台村。

位置的に言うと、

関門橋側から・・・

唐戸市場→カモンワーフ→海響館(水族館)→あるかぽーと

という順番に並んでいました。
初めて立ち入るエリアでした。

下関あるかポート屋台村
コンテナ状の屋台が並んでいるその裏に
休憩できる場所があると教えていただきました。
超暑くて溶けかけていたので早速裏にまわってみると
そこにあったのは、モンゴルの「パオ」でした。

下関あるかぽーと
クーラーがきいてました。
救われました。

あるかぽーと屋台村
数は多くないものの、下関近郊のご当地グルメの
屋台が出ていました。

こちら▲には「瓦そば」や「小ふぐ焼めし」なんて
メニューが出てますね。

下関
私達がまずいただいたのは、角島からやってきた
とおっしゃっていた屋台で購入した
「サザエの壷焼き」「甘辛ホルモン串」でした。

下関
私がこれまで食べた壷焼きはお醤油味が濃いものでしたが
こちらの壷焼きはお醤油控えめでした。
焼きすぎることなく、美味しくいただきました。


下関
ホルモンは柔らかくて、甘辛く私は「ご飯」が
食べたくなりました。
同じ屋台で「サザエ飯」も販売されていたので
悩みました。


屋台村を楽しむのはまず「下見」程度にしておき、
この後、下関と言えばこれまで何度か立ち寄っている
唐戸市場のお寿司などの販売ブースを見に行くことにしました。

夏場の市場の外売りのお寿司。
お供さんは大丈夫そうで食べてましたが、
私には無理でした。

ということで、帰り道に見つけた
ふぐ屋さんで続きを食べることにしました。

お店の名前は「ふくの河久」さん(リンク)。

下関
お供さんは「ふく刺しぶっかけ丼」
記憶が曖昧ですが、多分800円しなかったと思います。
何フグなのでしょうね?

下関
私は「ふく天丼」
天ぷらというよりナゲットのような
唐揚げのようなフグが乗ってました。

下関
サクサクでした。

長いカウンターのお店で、
パイプイスに座っての食事となりました。
でもこちらのお店もクーラーが利いていたので
救われました。

下関
帰り道、車を停めていた「あるかぽーと」の
臨時Pまで歩いている途中、ポツポツ降り始めたかと
思うと駐車場までの100mほどの間に土砂降りになり
ずぶ濡れになってしまいました。

夏場のお出かけの難しさを実感しました。



◆あるかぽーと海峡屋台村  (←リンク有り)

住■下関市あるかぽーと駐車場脇
時■10:00~20:00



◆ふくの河久 唐戸店  (←リンク有り)

住■山口県下関市唐戸町5-1
T■083-235-4129
時■10:00~18:00
休■無休



過去の「唐戸市場」の朝市の様子は・・・
コチラ   と コチラ   です。
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。