スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェットスターに搭乗(福岡空港)
ジェットスター
1円で乗れた飛行機は、最終便のこの▲時刻の
搭乗となりました。

「30分前までに搭乗ゲートにきておくように」と
紙に書かれていましたが、この日は15分の遅延が
生じていました。


あと30分遅延すると、成田空港の門限にひっかかり
福岡空港を飛び立つことさえできなくなります。
15分のディレイで済んで良かったと思うことにしました。

遅延したからなのか、どうかは分かりませんが
他の飛行機を降りる人達と重なりながら
搭乗手続きが進みました。

降りてきた人の波を少し遮って搭乗する人を
通したりもして、波が交差していました。

ジェットスター
「やっぱりね」というカンジでした。
地面を歩いて搭乗しました。
「雨が降ってたらどうなったかな?」という不安が
過ぎりました。
晴れてたからスイスイ歩けましたが、
雨だったら濡れます。

ジェットスター
この位置で微妙に待たされました。
先に乗り込んだ方たちが荷物を仕舞うのに
時間がかかってるんだろうなと思いましたが、
ここでも「晴れててよかったね」と思いました。

この時、時間があったのでキョロキョロ見てみました。
ネット上に出ていた手荷物の大きさの制限を
超えているであろうキャスター付きのバッグを持っている人が
何人かいました。

で、思いました。
「そっか、チェックする人って保安検査場の人くらいだから
ある程度のオーバーは見つからないのかも」と。
LCCだからシビアだろうと勝手に思っていましたが、
この場合は大丈夫なのかもしれません。

ジェットスター
お席はこんなカンジ。
シートは皮製らしいです。
大きい私が座っても膝の奥にコブシ1個分以上の
余裕がありホッとしました。

座った目の前の薄いラックには、機内誌等が入っていました。
収納は、この「薄いラック」しかないので、ペットボトルなど
厚みのある物は置く場所がありません。
そうそう、安全のマニュアルの絵が欧米チックで
少し笑えました。

搭乗前の安全のご案内は、珍しいことに
CAさんが実際に見せてくださいました。
でもそうですね。モニターなんて無いから
人がやって見せるしかないのでしょう。

シートベルトのサインが消えると、
機内販売が始まります。
パニーニなどもありますが、ギャレーでチンして
持ってくるのに時間がかかるみたいで
近くの方がオーダーされてましたが商品が届いた頃には
先に渡されていたビールはなくなりそうでした。

そうそう、最初の安全のアナウンスの時に
「持ち込んだアルコールは飲めません」的なことを
説明されます。WHY?敢えて言う必要が?
不思議でした。

機内販売が終わると、すぐに大きいゴミ袋を持って
ゴミ回収タイムが。
空港での清掃時間短縮のための工夫が随所に見られました。


お手洗いを覗かなかったのが心残りです。
今考えると・・・機内でお手洗いに行くべきだと思いました。

だって・・・空港に着いたらバタバタとリムジンバスに
乗り込むことになるんですもの。

「次からは」と思うことがいくつかありました。





帰りの飛行機では、非常口近くの広めのお席にしてみました。
失敗でした。(もち追加料金を支払って)

手荷物を一切持たせてくれませんでした。
全部上の棚に入れさせられ「非常時には動いてもらいますから」と
マニュアルを手渡しされ「後でまわってくるのでそれまで見ていてください。
分からない事があればその時に質問してください」と予習させられます。

それから、シートはリクライニングしませんでした。
足前は広いけれど、お席は直角に近いままなのでした。


あ!その前に、スタバのアイスラテを飲みながら
搭乗時間を待ちました。
あと1/4くらい残っている状態で搭乗時刻となり
飛行機への階段を上がろうとしたところ止められました。
「飛行機に足を踏み入れる前に全部飲み干してください」と
キツイ注意を受けました。

厳しい・・・・。
保管検査場の方の方が優しいなんて!


これがLCCなのかもと思いました。
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。