スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(釜山1人旅-1)スタートは博多港から
inakaan
今日から、重い腰を上げて
半年も前の旅レポを始めることにしました。

実は・・・・旅レポを貯めています。
この5月の釜山の次に、11月に台北にも行っております。
そして、年末にも予定が。。。

ということで、この5月のレポはサクッと
終えようかなナンテ思ってはいるのですが、
いつものごとく長くなりそうな予感も・・・

さて、どうなりますことやら。


今回も、JR九州の「ビートル」で
釜山へとまいりました。

今回気付いた変化は、2階の待合いスペースに
SUBWAYが臨時店舗を出していたこと。
ピーク時だけなのか、今後ずっとなのか
どうなのかなって思っています。

pusan
待合いスペースの到着口前には、
GWらしく「端午の節句」の飾りつけが
なされていました。

beetle
いつものごとくビートルに乗り込んだ図。

と、言いたいところですが、2つの違いがありました。
1つは、内海の博多港のはずなのに、
とーーーーっても波が高くて船に乗り込むのに苦労しました。
波がある程度落ち着くのを待ち、5人ずつ乗船するように
なっていたこと。

そして、乗り込むと、この▲Free Wifiの案内が
あったことでした。

pusan
でも、博多港を出発する前から、こんなに高い波です。
「このままだと絶対に酔う!」と思い、出航するまでの間に
薬を飲み音楽を聞きながら寝ることにしました。

大正解でした。

pusan
いつもの、到着まであと20分ほどになる頃
降りる準備に入ったわけですが、
その前に2度ほど目が覚めました。

一度目に起きた時には非常に揺れていて
出発前に私の前のお席でイタズラしていた少年は
ゲーゲー吐いてました。

やっぱりねー。
そうなるよねー。

と、あわてて寝るのに戻りました。

busan
そして、釜山港に到着。
と言っても、まだ船は止まってない状態です。

GWですぐに日本へ引き返し
もう1往復しなければいけないビートルには
給油する船が接近していたのでした。

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。