スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(釜山1人旅―10)フライドチキンと「金井山城マッコリ」で部屋飲み
busan
(▲翌日お昼に撮影しました。隣はファミマです)

「帰りに寄ってみたホテルの近くのお店」とは、
フライドチキン屋さんでした。
OPENしたばかりみたいで、お花がいくつか
飾ってありましたし、ポスティングするであろう
チラシが端っこのテーブルに山積みに
なっていました。

busan
英語のメニューはありますか?
と、質問すると「アチャー無いね・・・」って
顔をされましたが、「I love simple & not spisy」って
言うと、「コレ!これがいいよ」と半分ずつ入った写真を
指差してオススメされました。
その写真は、お皿に載ってる画像でしたがボリュームは
分かりませんでした。

「ま、いっか」と、持ち帰りで作っていただきました。

busan
渡された、この▲袋を見て目が点になりました。

ピザのLサイズくらいの大きい袋だったから。

busan
お部屋に戻り、撮影大会を。

袋から出してもまだ「中身はピザ?」って
思えたりもしましたが、奥にペットボトルの
コーラが見えました。

busan
蓋を開けるとこんな感じでした。
ほほぉー!
こんな風になってるのですね。

左奥には、缶バッジに見える物が。
裏がマグネット式の栓抜きになってました。
韓国ってこういうオマケ文化が
とっても充実してますよね。

箱のパッケージや缶バッジには、
韓国のタレントさん(?)が
写ってました。有名なのかな?

busan
右が、甘辛酸っぱいソースを絡めてあるチキン(私には辛い)、
左は、素揚げぽいチキン(←美味しい!)でした。

チキンは基本、骨付きでした。
どう考えても完食できるわけもなく、
甘辛い方は3つでギブアップ。
シンプルな方も半分いただいて、残りは
冷蔵庫保存し翌日チンしていただきました。

busan
手前は、甘酸っぱい大根(←美味しい!)と、
その奥の黄色いのは、甘いマスタードソース。

busan
見た感じ、キューリのピクルスっぽいですが
結局帰国するまでにこれを開けることは
ありませんでした。

busan
お供は、カルグクスを食べたお店の
お向かいにあったスーパーで購入した
「金井山城マッコリ」です。

busan

busan

busan
微炭酸でトロンとしてるマッコリ。
醗酵具合も丁度良く、酸味もそこまで
出てなくて美味しくいただきました。


関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。