スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
温泉湯豆腐を「すゑ廣」で(嬉野温泉)
嬉野温泉豆腐
お茶屋さんへ行く前にランチしたのが
嬉野温泉の街なかから少し離れた
お店「すゑ廣」さんでした。

こちらのお店の前に立ち寄ったバスセンター内の
観光案内所でイベントのマップをいただいたところ
マップに「名物温泉湯豆腐」を出されているお店が
いくつか紹介されていたので、
その中から選びました。

嬉野温泉豆腐
脇目もふらずに「温泉湯豆腐定食」
オーダーしました。
壁には「うなぎ」の張り紙があったので
鰻に自信があるのかな?
って思ったりもしました。

嬉野温泉豆腐
以前、別のお店でいただいた「温泉湯豆腐」は
スープは白濁していたし、
お豆腐も角が取れるくらい溶けてましたが
こちらのは半透明のスープだったし
お豆腐の角はしっかりしていました。

もう少し火を入れれば溶けだすのか、
それともお豆腐の成分で溶けないタイプなのか?
よくわかりませんでした。

嬉野温泉豆腐
取り皿に移してから
おろし生姜とゴマダレでいただきます。

お豆腐だけじゃなく、白菜やキノコも
入ってたので飽きずに食べ進むことが
できました。

京都の湯豆腐は、お豆腐オンリーなので
飽きそうでトライする気になりません。

それでも、湯豆腐はご飯のおかずにはならず、
漬物と煮物でご飯をいただきました。

ご飯が進む温泉水を使ったメニューを
あみだしたい!

たとえば・・・「温泉水リゾット」か「温泉水雑炊」
なんていかがでしょう?
あ、それとも「温泉水鍋焼きうどん」なんて?
そんなことを考えながら
ご飯を頑張っていただきました。

嬉野温泉豆腐
お店を出てパチリ。
お食事モードのままのデジカメで撮ったら
青みがかってしまいました。

嬉野温泉豆腐
駐車場は、道を渡ったこの位置にありました。



すゑ廣  (←リンク有り)


住■嬉野市嬉野町大字岩屋川内甲473 (地図
T■0954-43-1928
時■11:00~22:00
休■1・3火曜
P■道路を挟んだお向かいに15台くらい
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。