スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「もつ鍋 慶州 飯塚店」でコリアンランチ(飯塚市)
飯塚 もつ鍋慶州
前回、飯塚に行った時にお茶をした「The HANADANO」(リンク)
入っている「NERO BOTANICA」(リンク)という建物を散策した時に
見つけて「次に飯塚に行くことがあったらランチを!」と
思っていたお店「慶州」に行くことができました。

福岡ではおなじみの千代にある「焼肉 慶州」が出したお店
「もつ鍋 慶州」の飯塚店になります。

韓国ではおなじみの桜と歴史の街でもある「慶州」。
親戚は、毎年4月に慶州である「桜マラソン」に出るのを
ルーティーンにしていたりもします。

(飯塚で桜+飯塚でコリアンフード)+ 韓国に行きたい病 ≒
飯塚の慶州で韓国料理


で「良し」とすることにしました。(無理やりデス)


飯塚 もつ鍋慶州
お昼のメニュー▲。(クリックすると文字が見えやすいと思います)

前回よりも増えてる気がしました。
違うかな?

飯塚 もつ鍋慶州
テーブルの上には、夜のメニューもありました。
この時期の限定として、福岡の小林酒造「萬代」の立春に
絞ったお酒が、大分の西の関のお酒と一緒に紹介されてました。

実は、このお酒を立春の翌日に2口ほど味見したことがありまして・・・
懐かしくなりました。
甘くて少し濁りがあって、香りがよくて、美味しく感じたお酒でした。

飯塚 もつ鍋慶州
お席からの眺めはこんな感じ。
堀りコタツ式の個室もありました。
空いていたら通してもらえるみたいです。
私たちは埋まっていたのでこのお席。

木目調のラインがプリントされたものが
貼り付けてあるみたいでした。
お昼は外の方が明るいからよいのですが
夜って中が丸見えになるのかな?
気になりました。

飯塚 もつ鍋慶州
こちら▲は、お供さんの「チゲ定食」
ご飯大盛り+「ちょこっとカレー」

飯塚 もつ鍋慶州
私は、「石焼ビビンバと盛岡冷麺セット」
オーダー時に、玉子を「全卵」「黄身だけ」「なし」から
選べますが・・・と聞いてもれましたし、コチュジャンも別添えだと
教えていただけました。

辛いのが苦手な私にもとっても親切なのでした。

飯塚 もつ鍋慶州
ということで、別添えの「コチュジャン」と
冷麺用の「からし」「お酢」が添えられていました。

それに、「ちょこっとスジ煮込み」
プラスしてみました。

飯塚 もつ鍋慶州
「盛岡冷麺」を初めていただきました。
半透明で太目の麺。
甘く煮たシイタケと、千切りのリンゴが
アクセントになっていて美味しくいただきました。

飯塚 もつ鍋慶州
「ビビンバ」のタマゴは「全卵」にしました。
石焼の熱で火が通るのを見越してのチョイスでしたが
正解でした。

飯塚 もつ鍋慶州
韓国式でよーーく混ぜてからいただきました。
スープをスプーン半分ぶんいれたかったのに
スープは冷麺のものしかありませんでした。
仕方ないと、冷麺のスープを入れてから混ぜました。
この定食に「ワカメスープ」がついていたら、
最強かもと思いました。

飯塚 もつ鍋慶州
卓上には、取り皿が2種類(深さがあるものと、平皿)が
置いてあったので、気兼ねなくシェアしていただくことができました。

お供さんが大盛りにしたご飯を分けてくださって
私は「ちょこっとカレー」を楽しむことができました。

飯塚 もつ鍋慶州
甘いカレー。大好きでした。
ゴロゴロと、柔らかいお肉は居ましたが、
ジャガイモや玉ねぎ、にんじんなどは溶けちゃったのか
歯には当たりませんでした。

次に来ることがあったら、ちょこっとではない「カレー」を
オーダーしようと思ったくらいでした。
もしかしたら、「スジ煮込み」で作られているカレーなのかも?

「スジ煮込み」が不思議でした。
とても甘くて柔らかい美味しい煮込みなのですが
器に残ったお汁は赤いのです。
唐辛子っぽさは感じなかったのに。。。なぜ?
不思議でした。


大満足のランチでした。
お御馳走サマでした。



もつ鍋 慶州 飯塚店  (←リンク有り)


住■福岡県飯塚市忠隈71-4 (地図
 NERO BOTANICA 2F
T■0948-21-8707
時■11:30~24:00(L‣O 23:00)
休■なし
P■90台(って書いてあるけど、本当?
   私には20台くらいしか見えなかったんですけど)
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。