スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(台北一人旅-その9)ルーロー飯を「丸林魯肉飯」で
台北
タクシーでお店の前に到着しました。

前回の旅でタクシーに乗った時、
これがあると便利そうと思い用意した物を
次で紹介したいと思います。


台北
カフェテリア形式のお店です。
食べたい物を指差すとよそってくださいます。
日本人と分かると、「サカナ」とか
「タマゴ」とかカタコトで教えてくださいます。

台北
あまりピンとくるものが
ありませんでした。

それって、もしかして
既に空になってるコーナーに
かなり美味しい物があったからだったり?
などと、勘ぐったりもしました。

ルーロー飯
選んだのはこの2つ。
「青菜の炒め物」「トマトとタマゴの炒め物」
にしました。
お席に着いてから「魯肉飯」「スープ」をオーダーし
持って来てもらいました。

ルーロー飯
スープは「タケノコとスペアリブのスープ」
とっても薄味でした。

ルーロー飯
「青菜の炒め物」は、想像通り。
少しだけ感じる薬味の香りを楽しみました。

ルーロー飯
「トマトとタマゴの炒めもの」も想像通りでした。
ただ、日本で食べるよりも、
一段階薄味だと思いました。

ルーロー飯
店名にもなっている「魯肉飯(ルーローハン)」が
美味しかった!

トロトロに煮られて、ホロホロっと溶ける
ミンチ状のお肉を楽しみました。

ルーロー飯
逆さまに撮ったものを転地逆にしたので
見難いですが、テーブルに挟んであった
メニューです。

気になりました。
「ラードご飯」「鶏肉ご飯」
一人旅だと色々試せないので残念。

でもね、リピを決意しました。
メニュー▲の左端に見切れてますが
左側にはジュース類が載っていました。

食堂でジュース?
と思ってたのですが、入り口にジュース専用カウンターが
あるのが見えました。

そして、私の次に入って来られた男性(一人)が
「魚の揚げた物」と「魯肉飯」と「マンゴージュース」
頼まれていたのを見てしまいました。

魚と肉とフルーツ。

そんなのもアリ?アリかもね。

ナンテ思ってると、次のグループの中からも
二人の方が「マンゴージュース」をオーダー。


そして、帰国後に「台北ナビ」の口コミを見ると
こちらのお店の「マンゴージュース」が美味しいと
書かれているではないですか!

気になります。
また行かねばと思っています。

ルーロー飯
ご飯とスープを持ってこられる頃、
お盆を見て、伝票を記入してくださいます。

帰る時には伝票を入り口にある会計カウンターに出し
お支払いをすればOK。
観光客にも優しいシステムのお店でした。


丸林魯肉飯  ワンリンルーロウファン  (←リンク有り)


住■台北市民族東路32号 (地図
T■(台北)(02)2597-7971
時■10:30~21:00
休■年中無休(旧正月7日間は休み)
カード■不可
日本語■少しOK
日本語 Menu■あり

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。