スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(台北一人旅―その19)「台北101タワー」に上りました
101展望台
エレベーターで40秒弱で89階の
展望フロアに到着しました。

心配された景色ですが、遠くは霞んでいたものの、
近くは見ることができました。

101展望台
エレベーターのすぐ近くにあるカウンターで
ハンディーガイドを借りました。

受付で「ニホンジン?」と聞かれ
返事をすると、チャンネルを「日本語」に
セットしていただけました。

柱に番号が打ってあるので
その番号をプッシュすると、そこから見える
景色だったり、タワーについての紹介だったり、
歴史だったりの音声が流れるしくみに
なっていました。

101展望台
景色が悪い時のためになのか?
大きなモニターがあり、
景色が映し出されていました。

日中の映像と、夜景の2パターンがあって
画面にタッチするとそこの紹介文が
出てきました。


101展望台
壁麺を利用して、
このタワー内にあるオブジェなどの作品についての
説明もありました。

他の柱には、このタワー内のフロアマップや
エレベータがどんな風に設置されてるかとかも
紹介されていました。

驚いたことに、この展望フロアの数階下には
普通のオフィスが入ってるそうです。
すごい景色の中でお仕事をしている人が
いるなんて・・・。

101展望台
真下もパチリ▲
そこそこの高さのビルが
かなり下に見えているのが分かり
このタワーの高さを実感しました。

101展望台
ゆっくりガイドに耳を傾けながら
1周しました。
かかった時間は、だいたい30分くらいかな?

101展望台
売店があったので「そうだ!」とポストカードを
購入してみました。

無理かもと思いながら
会計を始めると、お店の方から
「切手もいりますか?」と聞いていただけました。
ここでは買えないと思っていたので
とっても助かりました。

早速、近くのベンチに座り
ポストカードを書いてみました。

101展望台
近くには、カラフルな郵便ポストが。
奥にはスタンプ台もあって、いくつかの柄の
スタンプが準備されていました。

文字の上からスタンプも押して
ポストへ投函しました。

ちなみに・・・・
左側のカードは、1か月前に行った
スカイツリーのアランジアロンゾショップで購入した
「スカイツリーとカッパくん」のポストカード。

日本一のタワーで購入したカードを、
台北一のタワーの上から出してみたくて
事前に喜んでくれそうな方へ書いていたので
切手が買えてラッキーでした。

101展望台
ポストカードを書いて振り向くと、
窓の外は真っ白になっていました。

景色が全く見えなくなっちゃいました。
タイミングがよかったのかもしれません。

101展望台
窓の外も真っ白なので、中の様子を見に行きました。
巨大な球状のものが吊り下げられています。

なんでも、この球状のものが風や地震などで起こる
揺れをセーブしているのだとか。
それがどんな仕組みなのか?
分かりませんでした。

101展望台
この球体自体は揺れてなかったんですけどね。
タワーが揺れたら、揺れるのかな?

天気がよかったら、91階部分の外に出て
景色が楽しめるそうなのですが
この日は天候が悪いので外に出ることは
できませんでした。

101展望台
各所に記念撮影ポイントがありました。
もしかして・・・クリスマスが近いから
ストライプのステッキが飾られてるのかな?

1時間ほど展望フロア付近で楽しみ
帰ることにしました。

101展望台
上る時エレベーターに乗る前のフロアに
広がっていたのは、SONYのお店で「ん?」でしたが、
下りるエレベーターの前にあったのは
水晶のお店でした。

「関係ないね」って思ったものの
パンダを見つけたのでパチリ。

101展望台
この雰囲気の中を通り抜けて、
下りるためのエレベーターの行列に並びました。




ここでちょっとした事件が起こりました。

遅れてきた3人組が仲間がいる場所へ、
並んでる人たちを追い越して割り込む形で進んで行きました。

それを見た追い越された男性が何か中国語っぽい言葉で
大声で怒り出しました。
すぐに警備員の方が気づき、先頭の男性一人を見つけ出し
「列の後尾にまわりなさい」と注意をしました。
しばらく抗議した男性+仲間でしたが、
最後には「仕方ない」と後ろへ移動しました。
でも、見つからなかった二人はそのまま中途半端な場所に
居座ります。
その周りの(仲間ではない)人たちは「まーまー」って
雰囲気で黙認したのでした。

一人しかならべない幅の通路で人を押しのけながら
進んで行っていたので「非常識な!」と呆れていたので
警備員さんが複数の抗議に対しても屈しなかった姿に
拍手したくなりましたし、
大声で怒り出してくださった男性に「えらい!」と
思った事件でした。




前回、断念したタワーでしたが
今回行くことができてよかったです。



台北101  (←リンク有り)


住■台北市信義路五段7号89F
T■(台湾)(02)8101‐8898
時■10:00~22:00
  (入場は21時まで、屋外展望台は18時まで)
休■無休
元■入場料 大人450元


MRT市政府駅から無料シャトルバス有り(11:00~21:00)
または、有料バス537番で「101國際購物中心」で下車。



前回、101タワーに行った時のレポは・・・
コチラ  と コチラ
 
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。