スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(台北一人旅―その26)お土産を買いに「犁記餅店」へ
パイナップルケーキ
スイーツをいただいた「金時良房」から2つ通りを進んだ場所に
パイナップルケーキ屋さんで有名なお店があるということで、
ホテルとは逆方向でしたが、お買い物をしてから
帰ることにしました。

次から次にお客さんが入って来るので
店内はごった返していました。
ということで、店内の画像はありません。

パイナップルケーキ
ここはかなり新鮮でした。
大きさの違いなのか、素材が違うのかは分かりませんが
パイナップルケーキには「ふつう」のものと
「特選」って感じの「グルメケーキ」というものが
ありましたし、パイナップルだけではなく
「ラズベリーケーキ」もありました。

それに、パイナップルケーキだけではなく、
ずっしりした月餅や、ホロホロとした生地のお菓子、
マドレーヌ系のものなど色んなお菓子が
ありました。



レジ待ちしている時に日本語で何か言ったところ
前に並ばれていた方が振り返り
「まぁ日本のかた?懐かしいわー」と。
続いて「日本の教育を受けましたのよ。今76歳です。
久しぶりに日本語が聞けてよかったわ」
とおっしゃいました。

思わず、ポッケに入れていた黒糖のど飴を
「そう言っていただけて、私も嬉しいです。これどうぞ」と
言いながら、お渡ししましたが。
ほっこりする出来事でありながら、今回も「ん~?」と
思ってしまいました。

日本人の私は、この手のお話に罪悪感を持ってしまうのですが
台湾在住の方からは以前
「道にしてもシステムにしても日本が整備して
出て行ってくれた」と言われたりもしました。
前回、パンダ舎でお会いした方からも
同じようなお話をしていただきました。
(その時は中国に対する不満がメインでしたが)

日本に対して非常に好意的に対応してくださるのです。
このような出来事は嬉しい反面、
正直なところ毎回戸惑ってしまいます。



パイナップルケーキ
話は戻りまして、今回購入したものを紹介。
パイナップルケーキは2箱+バラで4種類を2個ずつ、
それに、 月餅も2種類、大と小を購入してみました。
(バラの分と月餅は画像がありませんでした)

パイナップルケーキ
こちらは「アーモンドトフィー」
こちらも中身の画像はありませんでした。

美味しかった!
前回、杏仁専門店で購入したものが
一番だと思い込んでいましたが(リンク
どこのものも美味しいみたいです。

パイナップルケーキ
台湾らしい柄のお箱。
空の箱に自分の好みでパイナップルケーキを
詰める方法(私はこっち)と、既に詰めてあるものを
買う方法の2つがあるみたいでした。

詰めてレジへ持って行くと、フタをしてゴムを
かけていただけました。
小分けの袋も入れてくださる心配りがありました。

パイナップルケーキ
気づかなきゃよかったものにも
帰ってきてから気づいてしまいました。
あぁなんというカロリー。。。
今回初めて知ってビックリしました。



犁記餅店  (←リンク有り 音が出ます!!)


▲日本語の商品紹介のページもありました。


住■台北市長安東路二段73號 (地図
T■(台湾)(02)2506-2255
時■平日:9:00~21:00
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。