スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(台北一人旅―その34)桃園空港で出国するまで
桃園空港
あっという間に帰国日になりました。
(レポートは1か月以上続けているのですが)

ホテルのロビー集合は、朝5時50分!!

絶対に遅刻できないなと思いながら就寝しましたが
心のどこかで「目が早く覚めたら、あの豆乳屋さんに
行きたいな。往復タクシーにしてOPENと同時に
購入できダッシュしたら間に合う?」などと
思ったりもしましたが、無理でした。

そんな余裕もなく、朝5時を迎えました。
結局、前日の「青葉」の残りの炒飯を
いただくのが精いっぱいでした。

バスに乗ると、既に別のホテルでピックアップされた方々が
乗ってました。
皆さんは何時集合だったんでしょう?

桃園空港
バスに乗り込む時には外は暗かったのに
到着する頃には朝がきていました。

桃園空港
ガイドさんは、他のお客さんのセンディングに
行っちゃいました。

エバー航空の中央の長い行列に並んで待ってましたが、
行列が長くなりすぎたのか
定刻出発に間に合わないからなのか
並び始めて10分ほど経った頃、
エバー航空の方に日本行の人は端っこの
カウンターへ移動するよう言われました。

桃園空港
最初に並んでいたカウンターが、
キティジェット専用のカウンターだったみたいで、
急遽まわされたカウンターは普通の
飛行機のものだったのでしょう。
ボーディングパスにも、クレームタグにも
キティちゃんは居ませんでした。

桃園空港
移動したお陰ですぐにチェックインできたので
クリスマスツリーを逆方向からパチリ。
ライトがじんわり点いたり消えたりしてるみたいで
撮った画像に違いがありました。

桃園空港
荷物も預け、手ぶらになったので
ここで少し考えました。

地下にあるというフードコートに
気になる「度小月」「春水堂」さん、
「糖朝」などのお店もあるらしいので覗こうかな? と。

でも、「まてよ」チェックインにかなりの時間が
掛かったということは、出国にも時間が掛かるかも!?
って気づき、出国することにしました。

そう思って顔を上げると、日立さんの看板が目に入りました。
台湾でやってみたいことの1つ「十分」での「天燈」という紙製の
ランタンを上げる画像が。

桃園空港
なんだか「また」がありそうな予感を持ちながら
出国することにしました。

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。