スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お食事会にて


「アブッテカモ」と「クマノテ」
珍味をいただきました。

「クマノテ」は、恐竜の手みたいでした。




お店でも「熊の手」と言われた気がしたのですが
今、改めて検索してみたところ
「亀の手」と呼ばれてるみたいです。

「タカノツメ」とも呼ばれているそうです。

「亀の手」以外の呼び方って、
もう1つの食材としての意味もあるので
少々紛らわしい貝の仲間・・・・

と、硬い爪の部分に守られた、岩場に生息して
食べることができる部分も貝の食感に似ていたので
「貝の仲間」だと思い込んでいましたが、
「貝」ではなく甲殻類とのことで
「カニ」や「エビ」の仲間だと書かれているサイトを
発見しました。(リンク


『珍しくはないが高い』と書かれていました。
昨日いただいたお店でも、
「これは漁師さんたちの小遣い稼ぎで、珍しくないけど
岩にくっついてるのを捕るのが面倒」っておっしゃってました。
それでも、柳橋に比べたら1/3くらいの値で
出回ってるのだそうで。。。


美味しくいただきました。
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。