スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「カンデオホテルズ THE博多テラス」に泊まりました
candeo博多テラス
こちらは、最近のお話。
暑くなったので、避暑に出かけました。

お部屋があったのは、5階フロア。
4階までは建物内に廊下がありますが
5階フロアはマンションみたいに外に面してるので
一度暑い思いをしなければお部屋には入れませんでした。

ドアを開けるとこの▲状態。

candeo博多テラス
正面のドアを開けるとこの▲眺望が
目に入りました。

candeo博多テラス
川の向こうにキャナルが。
リバーサイド、キャナルシティビューの
お部屋なのでした。

candeo博多テラス
一度、玄関まで戻りパチリを再開。
空調が効かないエリアになりますが
全面鏡で、ドライヤーなども置いてあり
パウダールームとして使用できました。

candeo博多テラス
テーブルの上はこんな感じ。
アメニティーはステキなBOXに入れてありました。

candeo博多テラス
アメニティーたち。

candeo博多テラス
横の棚には、グラスやポットがありました。
残念なことに、グラス兼カップが一人1脚ずつ
しかありませんでした。
冷たい物も、温かい物もいただきたいので
できれば、グラスとカップを1つずつ
置いていただきたかった。

candeo博多テラス
ここからは、入り口向かって左側の
バスルームをご紹介します。

candeo博多テラス
タオルもふんわりで良い感じでした。
大判タイプで気持ちよかったです。

ここのだったかな?
記憶が曖昧ですが「今治タオル」(リンク)
ロゴマークが入っていたような気がします。

candeo博多テラス
便座とバスタブの間が狭いのは
残念でした。

candeo博多テラス
シャワーヘッドはこんな感じ。
備え付けのシャンプーたちはこんな雰囲気ですが・・・

candeo博多テラス
ロビーにこんな▲かんじで
シャンプーが並んでいて、
好きなものを選ぶとスタッフの方が
シリーズ(シャンプー・コンディショナー・ボディソープ)を
小さいバッグに入れて持たせてくださいました。
使ったことがなかったのは「セグレタ」だったので
3つをしっかり使わせていただきました。

(画像は、オフィシャルサイトからお借りしました)

candeo博多テラス
浴槽はこんな感じ。
シャワーカーテンのレールは
カーブしてなかったと思います(記憶が曖昧です)

candeo博多テラス
ここからは、ベッドルームの様子です。
大きなソファーが川に向かって
置いてありました。

テレビのVODは無料とのこと。
珍しい気がしました。
しゃべる熊の「TED」(リンク)や、
デンゼル・ワシントンの「フライト」(リンク)がもうあってました。

candeo博多テラス
入ってすぐ右手には、デスクが。

candeo博多テラス
足元には、冷蔵庫がありました。
音が気になる人用にON/OFFのスイッチが
デスクに備えてあるのはすばらしい!

candeo博多テラス
色調、質感が落ち着いてて素敵でした。
LANは、この案内の奥にありました。
デスクに穴が開けてあってそこから
ケーブルが伸び出てくるタイプでした。

candeo博多テラス
テーブルの上には、各種案内が。
朝食が欲しい人は、当日23時までに予約。
お弁当タイプになっているので(3種類アリ)
翌朝自分でフロントまで取りに行くことになっているそうです。
今回は、オーダーしませんでした。

candeo博多テラス
白いソファには、嬉しいものが置いてありました。

candeo博多テラス
マッサージクッション「ルルド」(リンク)が置いてあったのです。
お店に置いてあって、動いているのは
見たことがありましたが、
そこに近づいて試す勇気はなかったので
テレビを見ながらだったり、
お風呂上りにルルドが使えて気持ちよかったです。

candeo博多テラス
そうそう、テレビ台には手書きのメッセージが
あったりも。

先日「未来世紀ジパング」(リンク)で特集されていたのを
見たばかりだったので「こういう点?」って
思ったりもしましたが、以前泊まった阿蘇の
カンデオホテルには、大浴場があったり、
充実した朝食があったりもしたので
都心部のカンデオと、郊外のカンデオで
目指すところを変えてあるんだろうなと
思ったりもしました。

candeo博多テラス
ですが、やっぱり心遣いができるカンデオさんには
このようなサービスがあったのでした。

チェックイン時に、お茶や紅茶、一杯立てのコーヒーなどと
お風呂で使う「バスソルト」が置いてあって
好きな物を持ってお部屋へ上がれるようになってました。

私はローズのバスソルトを使用してみましたが
ほんのり良い香りで強すぎず心地よく眠れました。
もう1つは、ラベンダーだったと思います。

candeo博多テラス
そんなフロントの画像はないのでサイトからお借りしました。
近くにあるホテル、イルパラッツォみたいな
雰囲気の暗いフロント。

周りにラブホが沢山あるから
そういう風に使って欲しいのかな?
ナンテ、かんぐってしまいます。
こんなに暗くしなくても・・・って思いました。

candeo博多テラス
5階の外の廊下側には
こんな感じでテーブルと椅子と・・・・あと灰皿が
置いてありました。

室内は全室禁煙です。

candeo博多テラス
タバコを吸う人は、4階にあるこのテラスか、
1つ上の画像の5階にあるベランダっぽいエリアで
タバコを吸うことになるそうです。

クリーンな室内というのがまた
私には嬉しい作りでした。

candeo博多テラス
最後に、お部屋の窓に目一杯近づいてみると
こんな風景が見えました。
北側を見ると、グランドハイアットが見えるのでした。

candeo博多テラス
南側には、春吉橋が見えました。
キャナルシティまでは徒歩3~5分というところでしょうか。


あ、それから、お部屋のエアコンは、
冷房しか使用しませんでしたが
しっかり効いたので大満足でした。

またリピりたいと思います。



CANDEO HOTELS ザ・博多テラス  (←リンク有り)


住■福岡市中央区春吉2-4-14 (地図
T■092-734-0300
P■無し (頑張れば見つかりますが、ホテルの前も一方通行の上
 周りも一通が多い路地ばかりなのと比較的高めの価格帯のエリアなので、
 少し離れたところの長時間割引を使用された方が得策だと思います)
チェックイン■15:00
チェックアウト■11:00

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。