スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたの人生に巻き込まないで
(今日だけは抒情的に始めさせていただきました。)





この言葉は、3年ほど前に私が口にした言葉です。

3年後、この言葉が我が身に
返ってくることになるなんて。。。



お付き合いしていた人にフラレました。


きっと、上記の思いがあったのだろうと
推測しています。
罰が当たったのだと思います。


私が3年かけて、ようやく
「巻き込まれてもいいかも。どうにかなるかも。」と
思えるようになった時に、
彼は同じように思ってはくれませんでした。


仕方のないこと。
全て私が悪いのです。
自業自得です。


「きっとこれが最後」と思っていたので
もう恋愛することは無いと思います。




これまでありがとうございました。




えっと・・・ブログは続けるつもりです。


明日からのために、
1年後のために、
10年後のために、
今日しっかり
記しておきたいと思います。





(これより先の ReadMore(リンク) にて
心のドロドロを記します。
このブログの副題にもしています
「fu3の毎日を露呈」させていただきます)




タバコを吸う。
同じことを何度も話す。
「今現在」の話をしない。
話すことと言えば過去の良い時期の話ばかり。
熱中すると周りが見えなくなる。
オーバーにストーリーを作る。
発言したことに対し「当然」「常識」という言い方をされるが
時に間違っている。


そんな彼でした。


3年よりもう少し前。
傷心していた私に当時サラリーマンだった彼は
優しい手を差し伸べてくれました。
傷心の理由まで知って「それでもいい」と
優しく言ってくれました。


それが3年前、何の相談もなく仕事を辞めたところから
「あれ?」が始まりました。
転職をして、成績次第のお仕事に変わり
その成績の1コマに私を使おうとしたところで
私は題の「巻き込まないで」と言ってしまったのでした。


その後しばらく音信不通になったものの、
お付き合いは復活した、と、思っていました。
私は、仕事の成績のお手伝いはできないけど
彼の負担は減らせるかもって思い直したからでした。


転職後、一体いくら稼いでいるのかが分からなくなった私は、
勝手にお金の心配をして、旅行やコンサートチケットなど
先払いできるものを選ぶようになりました。
それでも、私は裕福ではないのでクーポンサイトの存在はありがたく
当日、彼が支払う額が減らせると沢山使わせていただきました。
(まだまだレポートしていないものが沢山あります)

ポイントサイトやアンケートサイトでチマチマお小遣い稼ぎもしました。
結構ポイントって貯まるもので「へーー」って感心したりも。
そんなことをしている私の気持ちを知ってか知らずか、
彼にはスマートフォンを何度か買う余裕がありました。
「あれ?」でした。


一方、私はヒールのない靴ばかりを履くようになりました。
タバコの煙もニオイも、タバコに関すること一切が嫌いでしたが
極力我慢もしました。(当初「辞める予定」と言っていましたよね)


何度か「あれ?」を繰り返しながらも
3年の月日が経っていきました。


この春、結婚相談所に入れようとする親とケンカして
親とはその後口を利かなくなりました。
祖母の入院を機に、なんとかまとめようとする親の気持ちも
分かりましたが、私にはそんなことはできず、
でも私には親を納得させるだけのことが言えませんでした。
「どうしても嫌」「そんなお金があるなら整形する」などと
逃げるしかありませんでした。

そして、このことを彼には最後まで言えませんでした。


言えないほど、彼は優しく、
私は彼の負担にはなりたくないと思っていたのでしょう。


とても優しい彼でした。


旅からの帰りには毎回迎えに来てくれました。

「欲しい」「食べてみたい」などとつぶやいた物を
突然プレゼントしてもくれました。


少しルーズな部分が私と似ていたりもして、
そんなところにイライラすることもありましたが
「こんなものなのかも」と納得(諦め)始めていました。

そういう部分は気になるけど、
それを差し引いても良い部分があるじゃない!
と、納得しようとしていました。

何より「こんな私で良いと言ってくれている」
という部分が一番有り難く
お付き合いを始めた頃の傷心状態の私への
言葉をずっとずっと信じていました。


この、今の状態に満足しなくてどうするの?
と何度も自問自答を繰り返しました。









ですが、先週・・・
耐え切れずに聞いてしまったのでした。


それは、私に心の準備ができたからかもしれません。


「巻き込まれてもいい」という準備と、

「別れを告げられてもいい」という準備の両方。




成績の一コマにされてもいい、今なら協力できるし、
他の方に自らお願いにも行けるだろう、
それ以外の今後起こるであろう色々と面倒くさいことも
今なら我慢して対応できるだろう、
協力し合えれば何とか乗り越えられるだろうという思いと、

全てを失って「無」になったとしても諦めがつくという思い。



彼からの答えは、


「正直、分からなくなってる。」でした。


優しい彼の精一杯の「断り」の言葉だと理解できました。


「無」が待っていたのでした。


うすうす気づいていました。
聞く勇気が持てないまま
なあなあと毎日を過していたのです。


優しい彼からは
言い出せないのを知っていながら
これまで延ばし延ばしにしていた私の責任。


本当にごめんなさい。


優しさに甘えてしまってごめんなさい。



ずっと精神的な負担を掛けてしまって、ごめんなさい。




今まで、ありがとうございました。






関連記事

Comment - 4

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/22(Sun) 21:34

Edit | Reply | 

管理人 ふぅ~

管理人 ふぅ~">

☆☆☆ ナイショのコメント Nサマ ☆☆☆

コメント、ありがとうございました。

Nサマがおっしゃる通りなのかもしれませんね。
色んな思いはありますが、
今はただただ感謝しています。

2013/09/22(Sun) 23:55

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/29(Sun) 14:06

Edit | Reply | 

管理人 ふぅ~

管理人 ふぅ~">

☆☆☆ ナイショのコメントS様 ☆☆☆

こんばんは、Sさま。
コメント嬉しく拝見しました。

Sさまも色々あられたのですね。
とっても勇気付けられました。
ありがとうございます。

私もSさまのポジティブシンキングを
見習っていきたいと思います。

ありがとうございました。

2013/09/30(Mon) 23:05

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。