スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「シリコン製ティーストレーナー」リベンジ編
ティーストレーナー リベンジ
昨日の続きです。

「紅茶の茶葉を、スムーズ且つこぼさずに
クマくんの首から挿入する」


これが、今回の目的です。

そこで、まず思い浮かんだのが
ケーキを作る時、粉物をペーパーの上でふるった後
タネの中にサーっと流し込むシーンでした。

ということで、まず、ペーパーの上に茶葉を出してみました。

ティーストレーナー リベンジ
これを・・・幼少の頃、何度か行ったことがある小児科で
処方されたお薬のように包みたいなと・・・。

でも、包み方が分からない。

ティーストレーナー リベンジ
分からないのでナンチャッテな
包み方になってしまいました。

ティーストレーナー リベンジ
なので、出来上がりも「あれ?」な
ナンチャッテな出来栄えに。
確実に、こんな▲包み方ではありませんでした。

ティーストレーナー リベンジ
でもまぁ、機能的に問題は無いので
今回は良しとして、どんどん包んでみました。

ティーストレーナー リベンジ
本当は、この容器の底の部分に
「Soil」を入れようかなって思ってたんですが
今回はパスして紅茶のみ入れてみました。

ティーストレーナー リベンジ
一応できたので、
本題の「クマのティーストレーナー」で
試してみることにしました。

ティーストレーナー リベンジ
首にサーーーーーッと入っていきました。
前回とは違って、今回は1粒も
紅茶がこぼれませんでした!

ティーストレーナー リベンジ
パーフェクトなのでした。

ティーストレーナー リベンジ
前回は、浅めのティーカップでしたが
今回は、タップリ入るマグカップ。
リラックマのマグに入る、クマ。
お風呂に入ってホッとしているように
見えます。

ティーストレーナー リベンジ
クマonクマ。
カワイイ!!

ティーストレーナー リベンジ
紅茶が出来上がりました。
今回もやっぱり、茶葉が少し出てきちゃいました。
仕方ないんでしょうね。

ティーストレーナー リベンジ
紅茶を楽しんだ後、受け皿をチェック。
今回はかなりフリフリしたので
その後液垂れはしていませんでした。

よし!
コツがちょっとずつ分かってきました。


今後も、少しずつ改良していきたいと思っています。



前回の「ティーストレーナー」のレポは・・・ コチラ

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。