スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
村岡屋「さが錦」
佐賀錦
いつの頃からでしょう?
5年くらい前からかな?
佐賀を代表するお菓子の1つでもある
「さが錦」が個包装になった商品を出すように
なりました。
最初に見つけたのは高速道路のSAでした。

それまであったのは・・・こんな感じ▼で

羊羹のように1本で販売されていました。
我が家でコノ▲タイプは非常に危険で、
パッケージを開けると一気に半分は食べてしまう
父が居るので、最近の個包装タイプは
とっても我が家向きでもありました。

佐賀錦
パッケージの中はコンナ▲かんじでした。
型崩れしないように、きちんと保護されています。

佐賀錦
器に出してみました。
この上面のラインが入った生地の部分が
佐賀の織物「佐賀錦」に見えるところから
この御菓子は命名されたそうです。

佐賀錦
断面はこんな▲風になっています。
羊羹タイプのものは「栗」か「豆」に分かれていますが
個包装タイプには両方とも入ってるのですね。

バウムクーヘン生地と、スポンジ生地を繋ぎ合わせる部分が
チョコなので、和洋折衷の御菓子。
お茶にも珈琲にも合うお菓子ですし
このチョコが良い仕事をしているので
喉に詰まることなく一気に食べれちゃう
ある意味危険なお菓子にもなってしまうのだと
思っています。

佐賀錦
パッケージの裏に、お菓子の説明が書かれていました。

本当の織物の「佐賀錦」の画像は・・・ コチラ

織物の「佐賀錦」はとっても緻密なので
この御菓子のみで判断すると少し「違うのでは?」って
思ってしまいます。

佐賀錦
最後に原材料表を。
漂白しなかったら、どんな色になるのか?
気になります。


村岡屋 さが錦  (←リンク有り)



個包装で1個136円
1本売りだと735円だそうです。


更に、2本2,200円する豪華版「相傳 さが錦」という物を
発見しました。美味しいのかな?気になります。 (リンク)





関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。