スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「東京芋かりかり」満願堂
芋かりかり
羽田空港で購入されたと言われてたような
気がします。

こちらのお菓子は初めて見ました。


芋かりかり
和なパッケージには、英語での説明などなく
この商品のターゲットって日本人のみ?
って思ったりしました。

芋かりかり
中はコンナ▲感じでした。
おぉ???

想像と全く違ってました。
「芋けんぴ」か「チップス」かなって
思ってました。

芋かりかり
なのに、中から出てきたのは
「タイの海老春巻きスナック」みたいな
風貌なのです。
いったいどんな味なのか気になりました。

芋かりかり
味は、そこまで芋を感じることはない
和なクッキーというか、洋なお煎餅というか?
小麦でできてるカリカリした物でした。
中に何か入ってるのではなく、
生地がくるくる巻かれてるだけでした。
周りに着いてるのが「サツマイモの粉」の
ようでした。

芋かりかり
なるほどね。
原材料表も1番目に「小麦粉」ですね。
納得できました。


芋を期待している人には物足りず、
カリカリを楽しみたい人にも
「ちょっと違う感」のあるお菓子でした。




浅草満願堂 芋かりかり  (←リンク有り)


オフィシャルサイト▲を見て納得しました。
こちらの会社では、いろんな「かりかり」を
作られてました。
「かりかり胡麻」「かりかり唐辛子」
青海苔、黒砂糖、梅昆布、生姜、マヨネーズ、
なんて物もありました。

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。