スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
信愛なる宮本啓丞さま
宮本啓丞アナウンサー
(シティリビング 1月10日号より


それまで、色んな方から
「宮本さんって」とか「宮本くんって」という
お話を聞いてもピンとくるものはありませんでした。
ラジオを中心に活躍されていたのと
前へ前へ出るタイプのアナウンサーが多いKBCの中で
そこまで目立つことがなかった宮本啓丞アナウンサー。
(失礼な書き方が続きます。ゴメンナサイ!)

そんな宮本アナウンサーから目が離せない
毎日が続いています。



ここから先は長すぎるのと
怖い(痛い)文章でもあるので、
興味があるかたのみ「続きを読む」でどうぞ。



3年ほど前のある日突然、同期だった髙島アナが
福岡市長選挙に出ることを決められ退社。
その穴を埋める形で朝の帯番組「アサデス。」
キャスターに抜擢されたという話を聞いても

それでも、私の中で宮本アナウンサーは
「恰幅の良いアナウンサー」くらいで、
その後も「KBCのスギちゃんでしょ?」程度の
ものでした。(重ね重ね失礼申し上げます)

宮本啓丞アナウンサー
(googleで画像検索をすると出てきました

そのくらいの知識だった私の前に
彼は彗星のように現れました。

現れた場所はKBCの深夜番組「ドォーモ」(リンク)でした。

前々から「前略道路の上より」という各地の
魅力的な道路や悪路(険道)を紹介するコーナーや、
東京都ではあるものの行くのが難しい
「青ヶ島」(リンク)という島への旅行記のナレーションの
声の人に惹かれてはいたのですが
(声だけなのでコダマさんかな?って思ってました。
それが、宮本さんだと知ったのは
年末年始の再放送を見た時でした。
いかに目ではなく、耳でしか
テレビを見てないことがバレてしまいますね。)

11月に放送された中島浩二さんが好きな場所を旅する
コーナーで「台湾旅行」に出られた時に
現地コーディネーターのようなナビゲーター的存在で
番組に出られているのを見ているうちに
どんどん「宮本ワールド」へ落ちていったのでした。

KBCにこんなに台湾好きな
アナウンサーがいたんだ!!


と、とても嬉しく思いながら、
そして度重なる中島さんのリアクションの悪さに
少々怒りを覚えながら、見入ってしまいました。


放送があったのは、木曜の深夜でした。
翌日の金曜の朝から、
私の生活は変わってしまいました。


あの朝の衝撃は、今でも忘れられません。
宮本アナは「おはようございます。」の後、
ニシムクサムライと申しますが・・・」と
話し始められました。

何のことなのか全く分かりませんでした。
キョトンでした。
「アサデス。」を見てる人にだけわかる呪文なのかと
思いました。

それが「西向く侍(士)」=「二 四 六 九 十一」の
月だけ31日ない月のことを言うのだと知ったのは
ダメ元で全て「ひらがな」で検索してみた時でした。

さらにっ!衝撃を受けたのは、
同じ画面に映られていたのが
高校時代に半年間だけ通った河合塾の講師の
青木先生だったことにも驚きました。

とても人気がある世界史の先生で、
河合塾で1番広い教室が毎回満杯になっていた
強烈に情熱的な授業をされていたアノ先生が
画面では非常に穏やかなお顔で
お話されているではありませんか!!
驚きました。



私は、ここ10年以上朝の番組は
「めざまし → とくダネ」とTNC派でした。
理由は、朝はチャンネルを変える余裕がなく
時計代わりになるからというのと、
平井堅が出る確率が一番高い番組が
「めざましテレビ」だったから。

逆の理由としまして、
「アサデス。」は極端にジャニーズと、
AKBとホークスの情報が多すぎるから
というのもありました。
どれも私には、ほぼ興味がない話題だったのです。

そんな私の「朝」があの秋の日の金曜から
ガラリと変わってしまったのです。

NHKの朝ドラ「ごちそうさん」は
お昼の回を録画して帰宅後に見るようになりました。
(今までは朝の回を録画して
出かける前に余裕があれば見てました。)

「アサデス。」を6:25から録画していて
番組は進んでいるのに
それを追いかけるように途中まで見てから
出勤します。

私の部屋のテレビは、録画予約をする時に
勝手に番組と番組の間が切れるようになっています。
朝6:25~8:00までと、
朝9:55~10:46を続けて録画したいのに
「アサデス。」は、Part.1とPart.2に
なぜだか分かりませんが分かれていて
勝手に20秒近く切れてしまいます。
なのに、テレビの中の人達はお構いなしに
お話されるので「あれれ?」ってことになります。
その部分が今の不満だったりします。

次の番組「サワダデース」のスタート部分にも
チラリと映られることがある宮本さん。
結局「サワダデス」まで見ちゃうのでした。


私の一日の生活は、
午前中の番組に支配されています。


仕事から帰り、朝録画したものを夕方から見るのです。
見終わるのが22時になる日もあります。

グッタリしちゃいます(苦笑)


それでも、魅力的な宮本アナウンサーから
目が離せなくて困っています。

非常に頭が良い方だとお見受けしています。
新聞記事を紹介されるのがとても上手で
一言コメントが的を射ていてスッキリします。
時に「アナウンサーがそこまで言って大丈夫?」と
心配したりもしています。

それに、声がなによりステキなのです。

交通情報の「JR(じぇいあーる)」
声がステキすぎて、甥っ子と「ジェイアール」を
言い合いっこしたこともありました。


同年代で、私と同じく独身ではありますが、
私とは違い日々をかなり楽しまれているみたい。
それに私とは違って、少々不思議な趣味を
お持ちの宮本さん。

少し近しい方からのお話や、旅行先などを総合すると
その趣味は少々偏っているそうなのですが、
「どうぞどうぞ、国境を越えた場所では
人目を気にせず、思う存分羽をのばしてください」
って応援してしまいます。

そのくらい「日々のストレスは相当なものだろうな」と
想像できてしまうのです。


番組を見ていて、興味を示される物に共感でき
逆に興味無さそうな物にも「あはは、やっぱり」と
思えてしまう宮本さん。

旅好きで台湾好きだという点が1番のポイントで
親近感を持ってしまいます。


私の性分を1番理解している妹から、
3年前に「アサデス。見てる?新しく担当になった
宮本アナウンサーは病気で休んでるんだって」と
言われたことがありました。

当時の私は「めざまし派」。
「KBCは見てないけん分からん。」と答えると
妹は「多分お姉ちゃん好きなタイプよ」と
言っていました。

お見事!妹よ!!
あなたの見立ては間違っていませんでした。


お正月、親戚に毎年恒例の
「今年こそは?」とせっつかれた時に
「今、1番好きな人はKBCの宮本アナウンサーなので
今年も何もないと思います。」と言ってみたところ
親戚からは呆れられましたが、
妹からは「やろー!!!!?」と言われまして・・・

その流れで1月の末に小倉であった
イベントへ妹一家と行くことになったのでした。

チケット
「スイミー」を書いたレオ・レオニの
関連イベントに、この日だけ「アサデス。」の
キャスターお二人が来られていたのでした。


小学校2年生の時に皆で暗唱した作品。
今でも最初の数行は覚えています。
大好きな作品でもあります。

宮本啓丞アナウンサー
そのイベントの時の画像がコチラです。
この位置で写真を撮るのが精一杯だった私を
妹は「行くよ!」と連れてってくれ
目出度く甥っ子をダシに握手までしていただきました。
(その時に掛けられた言葉をコチラ(リンク)
紹介しました。
〇〇に入る言葉は「アナウンサー」でした。)

『生』宮本さんは、画面以上にカッコ良くて
感動しちゃいました。

私の1人前に、並ばれれていた方が持たれていた
ビニール製のバッグを見て
OCM!美味しいですよねー」って
おっしゃった時に「え?まじ?」って
思ったりもしました。
学生時代によく行っていたサンドイッチのお店で
この日も雨が降ってなかったら
ランチしに行こうと思っていたのです。
少し怖くなりました。

こんなこともあったせいか、
とにかく、目が離せません。

新聞のラジオ欄
月に一度のラジオ放送を
日曜の深夜に聴いてしまいます。

ラジオの方が活き活きされているのが
分かると「テレビってやっぱり大変なのかな?」と
思ったりもします。

2月中旬にあった放送では、パソコンで聴きながら
画面下にあった番組twitterを見てみたら
宮本さんがオンタイムで細かく放送内容を
レポートされてるのが分かりました。
ゲストが青木先生だったこともあって
思わずコメントしてしまいましたところ、
すぐにお返事してもらえたりもして
「やばい、完全にハマッている・・・」と
ドキッとしたりも。

新聞のラジオ欄

だって、朝6時25分からテレビの生放送があると
いうのに、夜中3時まで、録音放送なのに
ツイートされ続けてるのを見たら
放っておけなくなったんですもの。

それに、自動的にアップされない仕組みになってるっぽい
番組ツイッターでまさか取り上げられるなんて
思ってなかったんですもの。


(完全に言い訳ですね)


もうしっかり自分が怖くなってるので
今後はそっとウォッチしたいなと
反省しています。


昨年いろいろあって
しばらく落ち込んでいましたが、
今は宮本アナウンサーのお陰で
毎日を楽しく過せています。


それもこれも、実は・・・・
前回の台北での占いで言われたことが
驚くほど当たっているからというのもあります。
今後の展開を楽しみにしていたりもします。




ご本人に伝わるはずないとは思っていますが
ちょっとだけ「こんなことアップして大丈夫かな?」と
思いながら記しました。

もしかすると、すぐに削除するかもしれません。


長々、読んでくださりありがとうございました。

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。