スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
湯布院 赤司菓子舗「しっとり餡ぽてと」
湯布院赤司菓子舗 しっとり餡ぽてと
こちらは、3週間くらい前のお話になります。
湯布院のお土産をいただきました。
お仕事を突然リタイヤされて、
今は奥様と旅行を楽しまれている方が
おられます。

終の棲家を現在建築中で、
お嬢さん夫婦が東京在住なので
東京と福岡を行ったりきたりしながら
たまに別の場所へ旅行を楽しまれています。

なんとも羨ましい生活を
されている方から
たまに「エクセルでこういうときは
どうすればいい?」などという質問の
電話がかかってきます。

内心「またぁ?これまでにも何度か説明したと
思うんだけど・・・」と思いつつ相手をしていると
その数日後にこうしてお土産を持って
遊びに来てくださるのです。
有り難いことです。

湯布院赤司菓子舗 しっとり餡ぽてと
赤司菓子舗「しっとり餡ぽてと」という商品。

前にも同じお店の、表面が
ザラザラした砂糖で覆われた(小城羊羹みたいな
表面の糖分が乾いて固まった感じの)
羊羹をお土産でいただいたことがあります。

何度も利用されているということは、
美味しいお店なのでしょう。

気になったのは、ヨーグルトに使うような
紙スプーンが入っていたこと。

湯布院赤司菓子舗 しっとり餡ぽてと
パッケージがステキなのでした。
コチラ▲の個包装されている物も
ステキでしたが、箱がまたステキで、

1まわり小さい、紋の柄の箱を
白い1まわり大きい箱が上下から
包み込んでいました。

湯布院赤司菓子舗 しっとり餡ぽてと
なるほどね~。
スプーンの意味が分かりました。

カップケーキみたいになってました。
このカップの模様もステキ。

湯布院赤司菓子舗 しっとり餡ぽてと
「和製スイートポテト」でした。
それも、緩めの文字通り
「しっとり」していました。

「ぽってり」って表現でも良さそう。
中の餡の部分が、小豆の皮少なめの
「つぶ餡」というのがまたピッタリでした。

湯布院赤司菓子舗 しっとり餡ぽてと
これなら、離乳食を食べ始めてる
姪っ子にもあげれそうって
思いつつ姪っ子達が来る前に
しっかりなくなりました。

湯布院赤司菓子舗 しっとり餡ぽてと
姪っ子にあげれそうと思ったのは
この原材料表▲を目にしたからです。

添加物系の物が一切記されて
いませんでした。

湯布院赤司菓子舗 しっとり餡ぽてと
美味しいお菓子をありがとうございました。

チャンスがあれば、お店にも
行ってみたいなと思っています。



赤司菓子舗  (←リンク有り)

●駅前本店
住■大分県由布市湯布院町川北2-2 (地図) 
  (↑地図は合ってますが、番地は別の所みたいです)
T■0977-84-2575


●湯の坪店
住■大分県湯布院町大字川上1080-1 (地図)
T■0977-85-3131




日田市豆田町にある、同じ名前のお店と
姉妹店(当時の店主のお孫さんが
湯布院で開業されたお店)とのこと。

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。