スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近鉄「まわりゃんせ」について(苦言含)
近鉄まわりゃんせ
3月末に近くの旅行代理店へ
クーポン券を購入しに行きました。

カウンターで類似商品がないか、
4月以降の販売分がどう変わるのかを
質問してから購入するつもりだったのです。

カウンター内の方は「正直申しまして、近鉄さんの
商品は販売したことがなくて」とおっしゃいました。
そうでしょうね。
そうかもしれませんね。

とは、思いましたが、何とも頼りない対応に
大丈夫?って思ったりもしました。

近鉄まわりゃんせ
この「まわりゃんせ」のチケット内容は
こう▲です。

①近鉄特急の往復切符

②エリア内の近鉄電車・特急+三重交通のバス
  +連絡船が乗り放題

③28箇所の観光施設の入場料

④レンタカー30%OFF

⑤温泉施設の割引

⑥加盟店での各種サービス

⑦手荷物無料配送

⑧有効期間は4日間


上▲の画面を見ていただくと
一目瞭然だと思うのですが、
これが「そうは問屋が・・・」でした。

近鉄まわりゃんせ
まず、
①近鉄特急の往復切符は、
近鉄の駅なら、どの駅からスタートして、
どの駅でゴールしても良いことになっていました。

今回は、往復とも関空からのスタートだったので
最寄の近鉄の駅「大阪難波駅」を発着駅に
使用しましたが、飛行機を、
関空IN、名古屋OUTにしていれば、
「大阪難波駅」スタートで、「近鉄名古屋駅」ゴールとして
使うこともできたことになります。
近鉄まわりゃんせ
(余談ですが、このチケットを購入したので
初日に関空から京都まで行っちゃおうかなと
計画を立てかけていました。
桜の時期が過ぎたみたいだったので、やめましたが
桜が満開だったら京都スタートにしていたと思います)

近鉄まわりゃんせ
②エリア内の近鉄電車・特急+三重交通のバス
  +連絡船が載り放題
は、
1つ上の地図で、濃いピンクの枠で囲まれている
部分の近鉄電車(特急含む)と、三重交通のバスと
近くの島とを結ぶ船が乗り放題になります。

近鉄まわりゃんせ
伊勢神宮に行くこと決めてから知ったのですが、
内宮と外宮の間は結構な距離がありました。
バスで20分くらいかかるのでした。
お隣同士かな、伊勢市駅に行けば歩いて周れるかな
ナンテ考えてましたが、甘すぎました。

そんな伊勢市駅⇔内宮、や、外宮⇔内宮間を
三重交通のバスが結んでくれていたので
助かりました。

エリア内の特急も乗り放題というのも
非常に助かりました。
今回はホテルをエリアの1番外側の「松阪」にとりました。
松阪駅⇔伊勢市駅を、何度か往復したので
ホームに来たどの電車に乗っていいというのは
かなり楽でした。

近鉄まわりゃんせ
近鉄まわりゃんせ
③28箇所の観光施設の入場料は、
購入した時には「お!いいんじゃない!?」って
思ったのですが、よくよく見てみると
行ってみたい施設がほとんどありませんでした。
行ってもいいなと思った施設も時間が合わなかったりして
なかなか使いこなすのが難しいチケットでした。

近鉄まわりゃんせ
④レンタカー30%OFF

コレ▲を見てください。

ナンテ魅力的なレンタカーなんだと思いました。
100km分のガソリンがついてるし、
乗り捨ても無料でできるし、
保険も込みでこのお値段。

でも・・・・でも・・・・非常に分かりにくい!
「近鉄の営業所でしか予約を受け付けていない風」な
書き方にも取れるわけです。
「事前に直接予約」と書かれていますが
「直接がどこにかかっているのか」が
書かれていないのです。

「まわりゃんせ」分の旅行が始まるまで
手元にチケットがない(引き換えクーポンのみの)私が、
そして直前まで近鉄の営業所が近くにない私が
どう動けばレンタカーの予約ができるのかが書かれていないのです。

しびれを切らして、「まわりゃんせ」のお問い合わせ先に
電話をしてみたところ
「こちらの分はレンタカーの事務所で予約をしていただく分です」
冷ややかに言われてしまいました。
そんな書き方してます?

『近鉄の駅営業所でも』とは書いてますが
『でも』ってどういう意味よ?


この件には続きがあります。
また後日しっかり書きたいと思います。

近鉄まわりゃんせ
⑤温泉施設の割引
通常よりも安く温泉に入れますよというものでした。

中にはコチラ▼のように、
通常は宿泊者しか入ることができない
温泉に入ることができるというものもありました。

近鉄まわりゃんせ
⑥加盟店での各種サービス
1箇所のみ使わせていただきました。

お店が見つけられなかったのが1箇所、
時間が合わず使えなかったのが1箇所ありました。
この分で設定されているお宿へ行くのに
使い勝手が良いのだと思いますが、
予約制のバスの片道分無料のサービスもありました▼

近鉄まわりゃんせ


近鉄まわりゃんせ
⑦手荷物無料配送

コチラ▲が、今回1番「やられた!」と思った部分でした。
TOPの紹介ページに「※」印の1つでもあれば
注意して見たと思うのですが、
チケットを購入した後に知ったのでガッカリでした。
最寄の旅行代理店の方もしっかり
「手荷物の宅急便が1回無料ですね」っておっしゃいました。

正解は、 「指定のお宿に泊まった人だけ無料」です。
LCC利用の今回の旅、必ず帰りには荷物は多くなります。
どう対処するかを考えなければいけなくなりました。

近鉄まわりゃんせ
他にも、名古屋のセントレア空港を利用したら
船で津に来ることができることが分かりました。


次に来ることがあるなら、
行きと帰りの都市は変えた方が面白そう

とか、
名古屋からの方が三重県は近い
ということも今回分かりました。


ま、今回経験できてよかったのかもと思います。
次回のよい教訓になりました。



近畿日本鉄道 まわりゃんせ  (←リンク有り)


このチケットを実際にどう使用したのかは
また追々レポートしたいと思います。

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。