スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「俺のフレンチ・イタリアン」でパッパっとランチ
道頓堀
Flying Tigerでお買い物をして
あとは近鉄の駅に行って伊勢へと向かうだけに
なってはいたのですが・・・

少し歩くと目の前にお廻りさんが。
(「警察官の方」がって言った方がいいの?)
そのブロックに、韓国領事館があるからなのか
ところどころに制服を着た方が立っておられまして・・・

その中の一人の方とパチッと目が合ってしまいました。
妙に挙動不審になりそうになる気持ちを抑えて、
疑問をぶつけてみました。

「お尋ねしてもいいでしょうか?
ここから角座(かどざ)だか
角座(かくざ)というところは遠いですか?」

すると、マップを出して数十秒見てくださった後、
「この辺りには詳しくなくて・・・検索してもいいですか?」と
おっしゃったかと思うとスマホを出して
検索を始めてくださいました。

本当に申し訳ない!
私がスマホじゃないばっかりに。


すぐに「角座」の場所が分かり、
「2つ目の角を曲がってまっすぐです。」
と明快に教えていただけました。

「担当外なので」とか
「別の任務中なので」と
断られるのを覚悟で伺ってみたら
非常に親切にしっかり調べて教えてくださり
恐縮してしまいまして・・・


と、これが前置きです。
この一件があったので、早めのランチに
行ってみることにしました。
(完全に言い訳でございます)

俺のイタリアン・俺のフレンチ
大阪らしい通りを歩くこと数分で
「角座」に到着しました。

正解は「かどざ」でした。

目的地は、「たこ焼」の旗の奥にありました。

俺のイタリアン・俺のフレンチ
「俺のフレンチ」と「イタリアン」が合体した店舗
「俺のフレンチ・イタリアン」がここにあったのでした。

時刻は、12時少し前。
店内は半分くらい埋まってる雰囲気でした。

入り口のスタッフから
「チャージ代に300円と、
1ドリンクはオーダーしていただきますが
いいですか?」と確認されます。

「昼から夜みたいな営業なの!?」と思いつつも
了解すると、端っこのテーブルへと案内されました。

非常に招かれざる客の位置。
大きな荷物を持ってる一人客にピッタリな場所でした。
でもいいのです。
パパッと食べてサッと出るつもりですから。

俺のイタリアン・俺のフレンチ
こちら▲はドリンクのメニュー。
結構皆さんお昼間から
アルコールを飲まれていました。

俺のイタリアン・俺のフレンチ
私はアルコールを頼む気分でもなく
「ジンジャエール」をオーダー。
すぐに、お通しの「パルメジャーノ・レッジャーノ」の
カケラと一緒に持ってきていただけました。
こちらのお店のグラスは小さめで、
氷は多めでした。
「氷多め」って大阪の文化?
そんなことを思った、朝食と昼食でした。

チーズは、塩辛すぎて食べれませんでした。

俺のイタリアン・俺のフレンチ
オーダーした後、することがなくなって
メニューをパチリ。
Tigerで購入した物をキャリーバッグに
仕舞いたいのにそんなスペースもなく。。。

俺のイタリアン・俺のフレンチ
そうそう、こちらのテーブルは
こんな風▲になっていました。
上のテーブルはすぐにいっぱいになるので
2段目までテーブルぽく使えるそうです。
その下には、物が落ちないようにカゴ式に
なっている収納スペースがありました。

俺のイタリアン・俺のフレンチ
15分くらい待つと言われましたが、
10分ほどで到着。

今回ランチにオーダーしたのは
30食限定の文字に負けて決めた
「オマール海老のロースト スープ仕立て」でした。

見てすぐに「これはバケットよね~」と
思ったのですが、4切れで1セットとおっしゃる。
「1切れ」でいいのです。
4切れも要らない。

近くに3人組の方がいらしたら
提案するのに・・・周りにはいなくて断念。

俺のイタリアン・俺のフレンチ
オマール以外にも、イカとアサリが見えますよね。

俺のイタリアン・俺のフレンチ
底の部分には、大根とタケノコもいました。
美味しかった!

でも・・・バケットがあったら
もっと美味しく感じたことでしょう。
いいんです。
大人数で来た方がいいお店に
一人でトライしているのですから。
諦めもつきます。

俺のイタリアン・俺のフレンチ
やけに周りでスタッフの動きが激しいなと
思い振り返ると、着席型のお席も奥に
あったのでした。
こことキッチンとの間を行き来するスタッフが
沢山いたのでした。

俺のイタリアン・俺のフレンチ
ただ・・・これだけは「良くない」と言えます。
スタッフがイマイチなのです。

高圧的という言葉も合ってるわけではないし、
上から目線とも少し違うのですが・・・
「お客よりスタッフが1番」なのです。
大声で業務連絡(1/4は私語?)を叫んだり、
テキパキ動いてます風のオーラを出しすぎるのです。
居心地が良くありませんでした。

ちなみに、こちらのレジでお会計の時に
「近鉄の難波駅」の場所を確認したところ
面倒くさそうに少し待たされた後、
「引っかけ橋を左に曲がって・・・」と言われました。

あ、分かった!
こちらのスタッフは、
ホスピタリティに欠けてるのだと思いました。
これ▲が1番ぴったりな言葉だと思います。

俺のイタリアン・俺のフレンチ
ということで、滞在時間25分ほどで出てきました。
外には角座で公演されるのかな?
若手のお笑い芸人の方が呼び込みしていました。

道頓堀
そんなことがあった後、食後に大阪らしい風景を
パチリと撮りながら、駅を目指しました。

道頓堀
朝、ネットカフェから出てきた道と
同じ通りでビックリ!

ここで、グリコの橋が「ひっかけ橋」だと
理解できたのでした。(遅すぎ!)

この▲家族写真の広告は、
大阪のテレビ番組の広告みたいです。
なんだか楽しそうな広告でした。

道頓堀
カニの看板の前に、
ゆるキャラのカニが居たのでパチリ。


良いお廻りさんの応対と、
イマイチなスタッフの応対で
プラスマイナス0ということにして
先を急ぎました。



俺のフレンチ・イタリアン 松竹芸能角座広場   (←リンク有り)


住■大阪市中央区道頓堀1-4-20  (地図)
  松竹芸能 角座広場
T■06-6212-5771 (お問い合わせ専用番号)
時■13:00~~23:00 (フードL/O 22:00、ドリンクL/O 22:30)
席■立席:150 座席:34

予約■可
予約は屋内席のみ(屋外席は来店順)
①13:00 ②15:00 ③17:00 ④19:00 ⑤21:00
電話受付は9:00~11:00


今日、見てみたら
ランチ営業は辞められてるみたいです。
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。