スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤福本店にて直会
伊勢神宮内宮 門前町
歩くこと数分で、目的地の「赤福本店」
到着しました。

赤福本店
「ここがあの!」と思いました。
これまでヨンジュウウンネン間、
口にし続けていたあの御餅はここで
生まれたのだと感慨深くなりました。

伊勢神宮内宮 門前町
次に、この脇を通る橋を見て
「ここでU字工事は行列してたのね」と
こちらも感慨深く見てしまいました。

その「朔(一)日餅」への憧れも募りました。
がっ!
今回、実際に行くことになったので初めてサイトを
見てみたら、大阪や神戸、名古屋のデパートでも
購入できると書いてあります。
しかも予約もできると書いてあるではないですか!
ビックリしました。この手があったなんて。 (リンク)

私の中の「いつか」が増えました。

伊勢神宮内宮 門前町
さて、話は「赤福本店」に戻りまして、
こちらのお店は、朝5時から開いています。
早朝からお参りする方々のために、
とても早い時間から営業されています。
他のお店との違いが感じられます。

入り口に大きな竈が見えました。

伊勢神宮内宮 門前町
近付こうと店内に入ると
まず、こちら▲が目に入りました。
「人通りが多すぎるのでは?」とも思える
赤福さんの店内に、ツバメは巣を作るのですね。

伊勢神宮内宮 門前町
そして、竈の前にはコチラの注意書きも。
知らずに触っちゃう人もいるでしょうね。

伊勢神宮内宮 門前町
お茶の焙煎機?
なんだか気になる物が
いろいろ置かれていました。

伊勢神宮内宮 門前町
大量にお持ち帰りされている方の姿もありました。
帰る日に、出来立てを購入することもできるんだと
思いました。

中でいただくので、食券売り場に並びます。

伊勢神宮内宮 門前町
食券を買う方が多かったので
待っている間にパチリ。
お参りを終えて、ブラブラ歩いてこの時間▲なのでした。

伊勢神宮内宮 門前町
購入すると、木札と食券(紙)とレシートを
渡されました。
せっかくなので、外の縁側のお席にしてみました。

伊勢神宮内宮 門前町
縁側からの眺め▲。
散り終わりそうな桜が五十鈴川の土手に
植えられていました。
あと1週間早ければ「花も団子も」だったのに・・・
やっぱり私は「花より団子」なのでした。

伊勢神宮内宮 門前町
待つこと数分で、お姉さんが
お席まで持って来てくださいました。
そして、木札も食券も持って行かれました。

伊勢神宮内宮 門前町
出来立ての「赤福」です。

赤福本店
添えられているお茶は
「伊勢茶」の「番茶」とのことでした。

赤福本店
五十鈴川ともパチリ。
あぁ、あと1週間。
そう思いながらいただきました。

出来立ての「赤福」は
それまでいただいていたお土産の物とは
やっぱり違っていて、柔らかかったし
水分を多く含んでいるようにも思えました。

お姉さんが、大きな急須を手に
お席を廻って下さるので
お代わりのお茶もスムーズにいただけて
良い直会タイムを過せました。

赤福本店
食べ終わってから「あ!」と気付き
伊勢神宮内宮で求めた「お守り」たちとパチリ。

赤福本店
食べながらは見えない位置に
「しだれ桜」が満開でした。
良しとしました。

赤福本店
伺った数日後、社長交代のニュースを
目にしました。
この時、ここで接客してくださっていた方々も
同じようにビックリされたのかな?
まさか、ご存知だったのかな?

赤福本店
そんな騒動前の平穏な雰囲気の「赤福」に
行くことができてよかったです。

今見ると、この▲竈自体が
「赤福」に見えなくもないですね。


赤福本店  (←リンク有り)

住■三重県伊勢市宇治中之切町26番地 
T■0596-22-7000
時■午前5時~午後5時(繁忙期時間変更有)
休■無し

「赤福ぜんざい」、「赤福氷」などなど、
期間限定でイートインメニューがありました。
次回チャンスがあれば、タイミングよく行ってみたいです。

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。