スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二見「賓日館(ひんじつかん)」(その1)
二見 賓日館
宇治山田駅に9時頃到着しました。
ここでレンタカーを借りまして・・・

まず向かったのは二見浦にある
「賓日館」という建物でした。

二見 賓日館
専用駐車場から、賓日館までの間は
こんな感じの浜に沿った道路になっていました。

二見 賓日館
門構えからステキです。

こちら「賓日館」は、
皇族が伊勢神宮へ参拝されるために作られた
お宿だそうです。
完成は明治20年。
当時の明治天皇のお母様、
皇太后様の伊勢参拝に間に合うように
建築された建物とのことでした。

その建物は、その後、民間に払い下げられ
一時は一般の人向けのお宿になったそうですが
現在は、記念館として中を見てまわることが
できるようになりました。

二見 賓日館
随所に拘りが感じられる建物で
楽しく見て周りました。

そうそう、「まわりゃんせ」のチケットが
あったので、無料で入館できましたが
通常は300円で入場できるそうです。

二見 賓日館
管理については色々申したい部分も
ありましたが、建築物としては、
見る場所がたっぷりあって
とても楽しい場所でした。

二見 賓日館
中に入ると、受付から人が出て来られ
「まず映像でも見ませんか?」と
コチラ▲のお部屋へ通してくださいました。
ホットカーペット敷き+低いイスのお部屋で
この建物の成り立ちや見どころの映像を
見ました。

二見 賓日館
後ろを向くと、調度品?が販売されていました。

二見 賓日館
映像を見た後は、
自由にお部屋を見て周ります。
順路があるので、迷うことなく
1周できました。
階段には、「二見のかえる」の飾りが。

二見 賓日館
カエルのオブジェの向こうには
手入れされている中庭もありました。

二見 賓日館
同じ中庭を2階から見ると
こんな▲かんじ。

二見 賓日館
その窓ガラスの模様が
またステキでした。

二見 賓日館
お手洗いだって、なんだステキなのでした。
中を覗かなかったのを少し後悔しています。

二見 賓日館
さて、ここ▲からが
この建物のメインと言ってもいい
大広間になります。

二見 賓日館
惚れ惚れしました。

二見 賓日館
舞台もあります。
この松の感じだと、お能かな?

二見 賓日館
ホント、惚れ惚れしっぱなしでした。

二見 賓日館
パチパチ撮りまくりでもあったのですが
お客さんは全くいなくて、
係りの方もいません。

二見 賓日館
ということで、
主賓のお席に座ってみたりもできました。
ここに宿泊された皇族の方々からも
この景色が見えたのかな?

二見 賓日館
お部屋の中央で
「大の字で寝てみたい」という
欲望を抑えつつ、天井を見上げる形でパチリ。

こちらもステキなのでした。

(でも、実は雨漏りしてシミができている
部分もありました。
もったいない!って残念でした)

二見 賓日館
窓からの風景です。

窓の向こうには、浜辺が見えます。
その手前にあるお庭も素晴らしく
ここへ避暑や観光に来られていた皇族の方々は
どんな風に過ごされたのかなと
思いを馳せました。


まだ見どころが続きます。
続きはまた明日。


賓日館  (←リンク有り)

住■三重県伊勢市二見町茶屋566-2  (地図)
T■0596-43-2003
時■9:00~16:30(最終入場)
休■火曜(祝日の場合は翌日休)
P■少し離れた場所に20台くらい?
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。