スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二見浦「興玉神社(おきたまじんじゃ)」でお参りとおみくじ
二見浦 二見興玉神社
賓日館の前の歩道に出ると
駐車場の反対側に三重の二見浦がある
興玉神社の鳥居が見えました。

二見浦 二見興玉神社
神社までの間に、海に突き出した
遊歩道があったので行ってみることにしました。
目標はココ▲です。

二見浦 二見興玉神社
遊歩道の途中から
二見浦の「夫婦岩」がきれいに見えました。

福岡の糸島にも夫婦岩があり、
そちらは「二見ヶ浦」と書きます。
糸島では夕日が沈むのが見えるのですが、
コチラ三重の「二見浦」の「夫婦岩」では
朝陽が昇ってくるのが見えるのだそうです。

この二つの街には共通点が
いくつかあって、「志摩」という地名が
両方にあったり、
糸島の桜井神社の中には猿田彦神社があったり。
「何かある?」って思ってしまうのでした。

二見浦 二見興玉神社
遊歩道から今来た道を振り返ると
すぐに山が。
こちらもあと1週間早ければ
桜が満開だったんだろうなと・・・。

二見浦 二見興玉神社
すぐ近くに「興玉神社」があったので
行ってみることにしました。

実は直前まで「たまのこし神社」だと思っていました。
「こし」=「輿」
「たま」=「興」なのでした。

二見浦 二見興玉神社
道がカーブしているので
神社や夫婦岩が見えません。
なので、予告看板が掲げられているのかな?

二見浦 二見興玉神社
色んな場所に「カエル」がいました。

「二見の蛙」と言って
元は漁師さんが漁から無事帰ってこれるように
もう一度会えるように「二見帰る」からきてるのと、
海に蛙に見えなくもない岩があったのが起源の
ようなのですが、現在は「受験から無事帰る」や
「オリンピックから無事帰る」「貸した物が返る」などなど
多岐に祀られているみたいでした。

二見浦 二見興玉神社
そんなわけで、手水舎にもカエルがいっぱい。
神の使いというカエルは、
水の中にいる2匹のカエルだそうでこのカエルに
水を掛けるとよいそうです。

二見浦 二見興玉神社
夫婦岩が切れちゃってますが、
右手に見えるのが興玉神社です。

二見浦 二見興玉神社
上司が無事病院から帰ってこれるよう
お参りをしました。
お参りが終わり視線を移すと
カワイイ「おみくじ」カエルが目に入りました。

二見浦 二見興玉神社
素通りできませんでした。
伊勢神宮には「おみくじ」はなかったので
願いを託して1ついただいてみました。

この時「良い結果だったら上司の物、
それほどでもなければ私の物にする」と
決めて選んでみたわけですが・・・・

二見浦 二見興玉神社
信じられないくらい
良すぎる「大吉」でした。

句も春の内容で
これ以上ないドンピシャリな
良い「おみくじ」に変な自信を持ってしまったのでした。

二見浦 二見興玉神社
「病気(やまい)」なんて「なおる」と
断言されているのですから。
そして、ここは「カエルの神社」なのですから。

この頃、上司は移植手術をしたばかり。
拒否反応との戦いの真っ最中だったので
「これは上手くいくということね!」と
確信してしまった瞬間でした。

二見浦 二見興玉神社
中には「お守り」も入っていました。

二見浦 二見興玉神社
この▲銭亀が入っていました。

二見浦
え・・・・・っと。
実は残念なお知らせがあります。


実は、お守りを撮影しようとしているところで
デジカメの充電が切れてしまいました。
「うそでしょ!」ってビックリしました。

この後は、騙し騙しデジカメにわずかに残っている
電力を使いながらの撮影と、ガラケーの携帯の
画像になってしまいます。

「そんなに撮ってないのにね」と
現地では思っていましたが
振り返って画像を見ると全く必要のない物も
パチパチ撮ってました。
LCCで荷物を減らすことばかり考え
充電ケーブルを持って行かなかった私の
自業自得でございました。



二見 興玉神社  ←リンク有り


住■三重県伊勢市二見町江575
 二見興玉神社社務所
T■0596-43-2020
P■海に面した場所に無料P有り。 20台くらい?
  近くには有料Pが沢山あり、係の人に
  そこしかない風に誘導されるので要注意!



ちなみに、三重の夫婦岩には
「夏至」の頃(H26年は6月21日)に
岩と岩の間から朝陽が昇るのが
見えるそうです。
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。