スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早朝の梅田をハービスまで歩く方法
曽根崎からハービス
実は、ホテルにチェックインした時に
失望してしまいました。

フロントのかたから朝食券を渡された時に
翌日の出発が早くて朝食がとれないので必要ない旨を
伝えつつ、2つのバスセンターについて質問しました。

リムジンバスの出発地点となる「ハービス」か
次のバス停となる「新阪急ホテル」かから
乗る予定だったので、
どちらが行きやすいかを質問したのです。

何気に「地下街を通ってハービスまでは
どのくらいかかりますか?」
と聞いたところ、予想外のお返事が返ってきました。

「その時間ですと、地下街は閉鎖されていますよ」

えーーーーーーーっ!!

そんなこと全く考えていませんでした。

福岡の地下街が深夜閉鎖されるのを知っておきながら
そのことは棚に上げて、大都市大阪の地下街は
24時間開いていると勝手に思い込んでいたのでした。

途方に暮れました。
失望してしまいました。

曽根崎からハービス
そんなわけで、2つのバス停の事前チェックも
兼ねて、梅田の街を歩いてみました。
歩いてみると、すぐに
2番目の失望が待っていました。

曽根崎からハービス
地下に下りずに、地面を歩いて
ハービスまでどのくらい時間がかかるか
計りながら行ってみていたところ
この地図▲の「×」部分の交差点には
横断歩道も歩道橋もなく、なのにとっても
広い道で強引に横断もできず、
どの方向の対岸へも
渡る事ができなくなっていたのでした。

2度目のショックに襲われ
行き場も失い、そのまま地下街へ。
地下のインフォメーションを見つけて
質問してみると、やっぱり私が通りたい時間帯は
閉鎖されているとのこと。

(もう忘れてしまったのですが
朝は5時から開くのだったような気がします)

インフォメーションのお姉さんは、
「地下のことには詳しいのですが・・・」と
おっしゃりながら、いろいろ調べてくださったのですが
どの道を通ればハービスへ行けるのかは
分からないままでした。

ただ、地上を通って、どこにも渡れない交差点を
回避して梅田(大阪)駅の構内へたどり着くことが
できる方法は見つけてくださいました。

ならばと、梅田駅へ上がり
駅構内からハービスへ移動する方法を
探そうとしたのですが・・・・
こちらにもよい場所に横断歩道はありませんでした。

今度は大阪駅のインフォメーションへ行き
どの横断歩道を使えばハービスへ移動できるのかを
質問してみたのですが、結構な距離を
遠回りをする形になることが判明。

ここで、ガッカリしながら
グランフロントへ向かったのでした。

曽根崎からハービス
本来通りたいと思っていた地下街ルート▲

曽根崎からハービス
ホテルの方からも、地下街の方からも
新阪急ホテルのバスターミナルの方が
行きやすいことを教えていただきました。

数日前に小保方さんが記者会見を開いた
ホテルがこのホテルでした。
大阪駅の近くだったんだと初めて知りました。
どんなホテルなのか見てみたいし
新阪急ホテルのバス停から乗ろうかなと
思ったのですが・・・

でも何かひっかかったので、
その後、グランフロントへ寄ってから
一応ハービスまで行ってみることに。
(この間の移動に、ウメグルバスを利用したのですが
降りるのを忘れて、結局1周半の旅を楽しみました。)

ハービスでリムジンバスの係の人に
始発のバスが混むかを質問したところ、
「日によっては」と言われてしまいました。
「始発なので乗れないことはないと思いますが、
次の新阪急ホテルで満席になることもあるので
少し早めに行った方が良いかも」とのお返事に、
安全策を取って、やっぱりハービスへ
行くべきだと決めたのでした。

渡れないと思っていた「×」の交差点も
少し下った所に横断歩道があることを
教えていただけました。

曽根崎からハービス
ということで、当日この▲ルートを通り
行くことを決め、時間計測の為、逆ルートを
通ってホテルへと歩いて戻りました。

ホントは、地下街でチラリと見かけた
「成城石井」や、美味しそうなスイーツのお店、
お惣菜屋さんも覗いてみたかったのですが
歩くのにも疲れてきたので、
ハービス→ホテル は、寄り道をせずに
歩いてみました。
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。