スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マヌカンピスの「桃まるごとタルト」とパリ土産
丸ごと桃タルト
今年もこの季節がやってきました。
待ちに待った「桃」 の季節でございますっ!
買ってきたのは、母(だと思います)
マヌカンピスの箱の中には、
この▲「桃まるごとタルト」が5個!(人数分)
他の物を一切購入しないというこの潔さ!
私にはマネできません。

丸ごと桃タルト
あぁ、惚れ惚れ。
断面をきちんと写したかったので
「キッチンパラダイス」の「なみじゅう」を
持って来ました。 (リンク)

ちなみに、横にあるのは
パリのお土産の缶。
コテコテですが、凱旋門の絵柄がついています。

丸ごと桃タルト
いつ見ても関心しちゃいます。
皮は湯剥きすればツルンと取れるとは思うのですが
種をどうやって取ったのか?
いつか、見せて欲しい!

見れそうで見れない物ベスト1が「桃の種取り」
No.2は、山笠で櫛田入りの時の
「櫛田神社のお席からの眺め」、
No.3が、測量されている方の「望遠鏡みたいな物」
だったりします。

どれも、ずーーーっと「見たい!」って思っているのに
見れません。

丸ごと桃タルト
話は戻しまして、せっかく「なみじゅう」を
持っているのだからと、こんな▲風に切ってみました。

横浜のインターコンチになっちゃいました。

それにしても良い切れ味。
カスタードクリームなのに、
まるで固めのプリンみたいに切れています。
スプーンですくうとクリームなのが信じられません。

味の方も申し分ありませんでした。
桃の甘味もしっかりありました。
調度良い甘味と濃度のカスタードクリームも、
タルト生地のしっとり度や甘味も
全てが・・・・・あ、1つだけ・・・・
桃の周りに掛けてあった、ゼリーは硬すぎでした。
フォークを指すと、フォークにゼリーが全て着いて
きちゃうのでした。
その1点のみが残念でしたが、
ほぼほぼパーフェクトでした。

美味しかった!

パリ土産
ということで、パリ土産もご紹介。

パリへ行ったのは、母でございます。
「いつの間に!?」なのですが、
1週間強、母は家を留守にしていました。
人の都合などお構いなしで行くので
忙しい1週間を過しました。
仕事が絶対に遅くなる日には
妹も来てくれたりもしたので、
なんとか乗り切りましたが
食の好みがある(というか、知らない物は食べたくない)
祖母のために準備するのが一番大変でした。

そのお土産がコレ▲。
と、明日にでもアップしようと思うのですが
「マカロン」でした。

パリ土産
中はこんな▲かんじ。
配り系のお土産が余ったからと
身内にも配ってくれたのでした。
SDカードとか入れるのに良さそうなパッケージです。

パリ土産

裏返しても、ゴテゴテと成分表などは
書いてありません。
すっきりしていていいですね。

味は・・・食べていないので分かりません。
レポ前に食べなきゃと思いながらも気分になれませんでした。



これまでの「桃まるごと」を集めました・・・・ コチラ


関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。