スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山笠デス!
山笠2014
この記事がUPされる頃、
私は深い眠りの中にいる(ハズです。)
でなければ、追い山に行けません。

今年は、山笠Yearになれました。(多分)
日曜に天神へ行ったところ
タイミングよく「集団山見せ」を見ることができました。
残念ながら、既に市役所前にゴールしていたので
帰り(復路)のスタートの様子を見るだけに
なってしまいましたが、
それでもワクワクはMAXでした。

山笠2014
見ていただきたいのは、
若者のお尻ではなく・・・ちびっ子達だったりします。
小さい子達も大人に混じって
頑張って数km走っていました。
濡れているのは、汗ではなく「勢い水(きおいみず)」を
掛けてもらったから。

とっても凛々しく見えました。

山笠2014
人形が乗っている表側は何度も目にしますが
山の後姿をしっかり見たのは初めてかもしれません。

こんな風になっているのですね。
帰りも時間を空けながら山は戻っていきます。
1つの山が出発すると、次の山はスタートラインまで
助走のようにサッと進みます。
この時に余裕を持って(周りもね。殺気無く)眺めることが
できたので、わかったのですが、
山は前側だけが浮いていて、後ろ側の柱はスレスレか
擦っていました。
ということは、どういうことかと言いますと、
後ろ側で台上がりしている人はずっと前屈みなので
落とされそうに斜めになりながら
座ってないといけないということに。
大変&怖いだろうなって思いました。

山笠2014
手を腿に置かれている方の
「手ぬぐい」の色が気になりました。
広げるとどんな風になるのかな?
役職(階級)によって、柄が違う手ぬぐい。
ネジって頭に巻かれていても
出ている人は、その格が分かるんですよね?
スゴイなぁ。

あ、でも「赤手ぬごい」の人の水法被の襟近くが
ピンク色なのは残念でした。
手ぬぐいの色が落ちることって、分かりそうなのに。。。

山笠2014
山を真横から見ることもあまり無いですね。
お家に収まっている時には壁がありますものね。

山笠2014
帰りのスタート地点に来賓席のような
ステージがあって、福岡の重鎮であろう方々が
座って談笑されていました。
でも、30秒前になると立ち上がって山を
見送られてました。

中に一人だけ妙な長髪でチャラチャラした風な
方がいるので「誰?このお祭りにこの髪型?」って
見てみると「市長」でした。
ガッカリ。

福岡市の市長ならこの時期だけでも
短髪にして来なさいよ!
まさか、それで台上がりしてきたわけじゃないよね?
って思ってしまいました。

山笠2014
今回気付いたこと。
遠近法を巧みに利用するために、
前に出ている物(手とか)が極端に
大きく作られていました。
だからテレビで見ていてもあの迫力なのだと
思いました。

山笠2014
迫力が体感できて
とっても嬉しかったです。
「男尊女卑」だと言われたりしますが
「上等です!」「どんどんやって欲しい!」
絶対に女性を近づけて欲しくない「男」の祭り
だと思っています。

山笠2014
今朝の「アサデス」で、タイムを計る
幸田時計店のことが出ていました。
ご家族皆さん(勿論男性のみ)で、
各地点のタイムを計っておられるのだそうです。

その前に見たテレビだったか、聴いたラジオでは
この幸田時計店さんは、公平を期すために
山笠には参加しないのだとおっしゃっていました。
こんな近くで永年に渡り携わられていたら、
参加したくなるだろうなって思ったりもしました。

山笠2014
最後の恵比寿流れがスタートする少し前から
雨がポツポツ降り出しました。
でも、スタートするまでザーッと降ることは
ありませんでした。

やっぱり神様っているんじゃない?

って思ってしまう1コマでした。
今朝(7月15日)朝4:59、
フィナーレとなる「追い山」が始まります。

行きたいけど、土砂降り+雷の予報です。

行けたとしてもカメラは無理っぽいので
集団山見せが見れて、撮れて幸せでした。


博多祇園 山笠  (←リンク有り)


関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。