スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピエール・エルメのヨーグルト「マンダリン」
ピエールエルメ マンダリンヨーグルト
今年の初め頃から、ピエール・エルメのヨーグルトについて
2度程レポートをしてきました。

1つ目は、パッションフルーツとオレンジの風味の
「サティーヌ」(リンク)
2つ目は、バラとラズベリーの風味の
「イスパハン」(リンク)

この2つで終了かなと思っていたところ
7月になり、第三弾が出ていることに
気付きました。

ということで、今回は3つ目の商品
「アンフィニマン マンダリン」について
レポートしてみたいと思います。

ピエールエルメ マンダリンヨーグルト
パッケージは柑橘類の「マンダリンオレンジ」の画像のみ。
一番美味しそうな予感がしました。
それは予感じゃなくて、安心感だったかもしれません。
冒険じゃなく、確実な定番感からくるもののようにも
思えました。

ピエールエルメ マンダリンヨーグルト
商品の説明からも、落ち着きを感じました。

ピエールエルメ マンダリンヨーグルト
フタを開けると「やっぱりね」って思いました。
他の2つのヨーグルト同様「ふんわり感」漂う
状況だったのと、旧式のヨーグルトのフタの
どちらもが健在だったからでした。

ピエールエルメ マンダリンヨーグルト
開けた時点でオレンジの香りがしてきました。

ピエールエルメ マンダリンヨーグルト
掬っても「ふんわり」していました。
味も想像通り。
というか、少しだけ心配していた
オレンジの苦味が一切なく、
かなり美味しくいただきました。

ピエールエルメ マンダリンヨーグルト
粒もところどころに入っていました。

ピエールエルメ マンダリンヨーグルト
成分表▲

ピエールエルメ マンダリンヨーグルト
原材料表▲



「マンダリン」という言葉との出逢いは
香港でした。
「マンダリンオリエンタルホテル」。
ここの2階だったか3階だったかで
ハイティーをしたのがとっても記憶に残っているからでした。
ランチもしっかり飲茶でした後、ハイティーに行ったので
不覚にも1/3程残してしまったのですが、
お兄さんが「お時間があればテイクアウトに包みましょうか?」と
声を掛けてくださり、とってもステキにラッピングされた
お箱で持ち帰らせてくださったのでした。
ホテルに戻り、中を見ると、お皿に残っていた以上のお菓子が
箱には詰められていました。
ホテルの?スタッフの方の?ホスピタリティーなのか、
この時同行していた友人が一目ぼれされていたのか?
理由は定かではありませんが、非常に良い想い出になっています。

そんなマンダリンオリエンタルホテルに、
先日、我が愛する宮本アナが行かれていました。
福岡の食材が、こちらのメインレストランで使われているという
レポートのために、コーナー担当者ではないのに
同行されていました。(笑)
あの入り口。
少しだけ写った吹き抜けに「あぁ懐かしい!」と思ったのでした。

でもね、宮本アナ。
敢えて一言苦言を申しますと、
あのホテルのためにシャツにネクタイまでは用意されていたのに
靴がいただけませんでしたね。
非常に目立っていたのが残念でした。

それでも、レポートの冒頭に出ていた
屋台街のような場所の「焼そば」と「チキン系のもの」には
とっても惹かれました。
今は、香港に行きたくなっています。



話が逸れ続けていますが、今回の「マンダリン」から派生した
お話でした。


ピエール・エルメ Infiniment Mandarine  (←リンク有り)


8/19に「アンフィニマン シトロン」(レモン)(リンク)バージョンが出ているみたい。
美味しそう!
チェックしたいと思います。

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。