スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
谷崎竜著「青春18きっぷ完全攻略パーフェクトガイド」
青春18きっぷパーフェクトガイド
旅つながりの図書館の本ということで、
次にレポートするのは
「青春18きっぷ完全攻略パーフェクトガイド」
いう本に手を出してしまいました。

実は「青春18きっぷ」も「いつか」って思っている
切符だったりします。

普通の電車(普通か快速など)を乗り継いで
1日×5回又は、同一行程を1日×5人などで
使っていける5枚綴りのきっぷのことです。

途中下車し放題、
期間は限られますが、その間であれば
5回に分けて旅に出たり、
2泊3日の旅に出たりもできる
きちんとプランが立てば楽しい旅ができそうな
きっぷのことです。

この夏この本を読んで「行ってみる?」って
気分になってきました。
いろいろ調べていくうちに、
ヤフオクなどで「バラ売り」や「2枚だけ売り」
されているのも発見。
でも、値段が割高になることが分かりました。

5枚綴りで ¥11,850 なので
1枚当たり ¥2,370 なはずなのに、

ヤフオクでは¥2,500以上で流通していたりします。
中には「自分が使う○月△日までに要返却」
なんて方もおられました。

上手に誰かと分け合うことを考えている人は
多そうです。
私にも良いパートナーが見つからないかなって
思っています。

青春18きっぷパーフェクトガイド
そんなわけで、この本を読んでいて
「なるほどね」って思ってばかりでしたが、
中でも「素晴らしい!」って思ったのがコチラ▲の
マップでした。

元が取れるマップが付いていたのでした。
片道で、又は往復で2,370円以上になる場所を
主要駅から計算して載せてあるのでした。

青春18きっぷパーフェクトガイド
でも・・・「博多駅から」のマップには
少々疑問を持ちました。

地下鉄が地上に上がる姪浜駅からJRになるのですが
ここがもう「元が取れるマップ」に載っているのです。
数百円のはずなのに、2,370円以上使うことには
ならないはずなのに。

博多→鳥栖→久保田→唐津→姪浜
と、北部九州をぐるりと周るのなら分かるのですが・・・
この書き方には少々「ん?」でした。

青春18きっぷパーフェクトガイド
同じく「ん?」って思ったのがコチラ▲
各地域の電車のシートアレンジを
一覧表にした物なのですが・・・

青春18きっぷパーフェクトガイド
「筑肥線」のところで「築」って書いてあるのは
「筑」が正しいのではないかしら?

これらを総合して、筆者は九州に興味がない方なのかもねと
思ってしまいました。

この本を読んだ後、いろいろ調べて、
次の冬の販売日を狙ってみようかなと
思っています。

冬季は・・・
発 売 日 12月 1日(月)~12月31日(水)
利用期間 12月10日(水)~ 1月10日(土)

だそうです。
1日は、八代へ日帰り往復するでしょ。
もう2日か3日は泊まりで行きたいでしょ。
ということは、あと1日か2日どこかへ行く計画を
立てなければ。

そんなことを考えれば考えるほど
現地で時間をチェックしたり現地情報を収集するのに
「そろそろスマホに替える頃かな?」と思い始めています。





関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。