スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
郷土菓子
郷土菓子
こちら▲も、図書館の本です。
旅行の本ではないけれど、
私の中ではある意味
旅行の本だったりします。

各都道府県ごとの「郷土菓子」と
呼ばれる代表的なお菓子を1つずつ
紹介されている本。
知らないお菓子がいくつかあって
「食べてみたい!」って思いました。

郷土菓子
広島県の「もみじ饅頭」

郷土菓子
香川県の「おいり」や、

郷土菓子
岩手県の「南部せんべい」
誰もが納得するお菓子だと思うのですが・・・

郷土菓子
落雁諸江屋の飴「辻占」は、お正月に購入した
久寿玉(リンク)の仲間だったことが分かり、
こういう楽しい飴菓子を作られるお店なのだと知り
驚いたり、

郷土菓子
千葉県の代表のお菓子が去年友人にいただいた
「ぴーなっつ最中」(リンク)
え?千葉の代表がこれ?って驚いてみたり。

郷土菓子
一番の驚きは、福岡を代表するお菓子が
「鶏卵素麺」だったこと。
美味しいと思えないお菓子が代表になっていることも、
福岡県の皆が食べたことがあるわけではない
お菓子が代表になっていることも、
福岡のお土産に使われることが少ないであろうお菓子が
代表になっていることにも疑問を抱きました。

郷土菓子
このお菓子よりも、福岡を代表するお菓子は
いくらでもあると思ったからでした。

郷土菓子
佐賀県のお菓子が「丸ぼうろ」なのも疑問です。
郷土菓子なら「小城羊羹」や「佐賀錦」「松露饅頭」の方が
適してるんじゃないのかなって思ってしまいました。

宮崎県の「鯨もち」に至っては存在すら知りませんでした。
福岡のお隣に載っている大分県のお菓子「岡の雪」だって
知らないお菓子。
大分は「ザビエル」なんじゃないの?って思うのでした。


知らないお菓子を見ると「食べてみたい」って思いましたが
我が県福岡の代表に納得できないので
「ホント?」って思ってみたりも。
各県の方にジャッジして欲しいなと思った本でした。





関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。