スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮島 厳島神社を海から望む(その6)
宮島
干潮の時刻をチェックして宮島に行きました。
干潮まであと1時間ほどあったのですが
こんなに潮が引いてました。

宮島
そんなわけで、大鳥居に近付いてみることにしまた。
こんなに水が無くなるんですね。

宮島
かっこいい!

宮島
わっ!知りませんでした。
正式?には「伊都伎島神社」と書くの?
「厳島神社」と書かれていないことに
驚きました。

次に、この板の為の屋根が
張り出していることにも驚きました。
近付かなきゃ分からないことがありました。

宮島
こちらにもビックリ。
この柱は1本の木でできていたのでした。
コンクリートだと思っていたのに
近付くと微妙にカーブしています。
塩水で腐ったりしないのかな?

宮島
そして、こちらにも驚きました。
人が殺到してるなと近付いてみると、
柱の下の方にできたクボミに
コインを嵌め込んでいたのでした。

でも、砂地には波の力で落ちてしまった
沢山のコインが散乱。
これって・・・誰がどう回収するのかな?
お賽銭箱を置いてあげた方がいいんじゃ?
そんなことを思ってしまいました。

宮島
振り返ると、厳島神社の本殿が
見えました。

宮島
近付いてみると、とっても間近に
見ることができました。
で、「これでもいいっか?」という気分になったので
神社への入り口がある今来た道へ戻るのを止めて
対岸にある神社の出口方面へと
歩いてみました。

宮島
この石の上を通りました。
この石の下には川が流れていて
干潮時にも水は引かないみたいでした。

宮島
神社の出口付近から上り、
振り返るとこんな▲風景が。
五重の塔と神社が一緒に入りました。


それにしても暑かった!
日が出ていたわけではないので、
実はそこまで暑いわけではないと思うのですが
普段デスクワークで引きこもりの私には
非常に暑い観光となりました。
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。