スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直会②赤福で「あかふく氷」と「赤福3個」(五十鈴川店)
赤福 五十鈴川店 あかふく氷
2つ目のレポは、
今回、一番楽しみにしていた
「あかふく氷」になります。

伊勢神宮 外宮 門前町
赤福本店▲では、春に「赤福」本体を
直会でいただきました(リンク)

でも、コチラ▲でいただけるのは「赤福」のみ
とのことでした。

伊勢神宮 外宮 門前町
お向かいにある茶屋では、「あかふく氷」が
いただけました。
でも、コチラでは「氷」のみ(他の甘い物もあるのかな?)
いただけるとのことでした。

赤福 五十鈴川店 あかふく氷
その両方ともが一度に味わえるのが
「五十鈴川店」だと本店の方に教えていただいたので
行ってみたのでした。

赤福 五十鈴川店 あかふく氷
こちらにも本店にあった
赤福型をしてるように見える竈の
ミニ版がありました。

赤福 五十鈴川店 あかふく氷
こちらの建物が、また素晴らしかった。
昔チックに造られているものの
決して古いわけではないのでした。

赤福 五十鈴川店
西日がまた良い感じで入ってきて
影を見ているのも楽しくなりました。

赤福 五十鈴川店 あかふく氷
まず入店して、お支払を済ませます。

赤福 五十鈴川店 あかふく氷
すると、こんな▲食券を
渡されました。

赤福 五十鈴川店 あかふく氷
待つこと結構な時間を経て
商品が到着しました。

前回は春だったのでまだ「あかふく氷」が
始まっていませんでした。
ようやく気になっていた「氷」に
巡りあえました。

赤福 五十鈴川店 あかふく氷
氷の前に、「赤福」本体もいただきました。
やっぱり出来立ては一層柔らかく感じました。

赤福 五十鈴川店 あかふく氷
氷について、少々誤解していました。
抹茶味のかき氷の中に「赤福」が
埋め込まれていると思っていました。

でも、そうではなく、
中央に「こしあん」が、
その周りに「もち」が別々に
散らされていました。

赤福 五十鈴川店 あかふく氷
もう少し抹茶の蜜が掛かってるかなって
思ってたので、少々ガッカリもしました。
ガッカリは他にも。
春に本店で「盆」(3個入りの今回も食べた物)を
いただいた時には、おもてなしの心というか
気遣いが感じられたのですが、今回は事務的な
素気ない感じしかありませんでした。
前回行った翌週に社長交代劇があったからなのか、
本店と支店で人の資質が違うからなのか分かりませんが
今回、「赤福さんに行けば良いおもてなしを受けられる」
というわけではないことが分かり、そこは非常に残念でした。

とは言え、気になる物を味わえて満足しました。

残るは、今年は10月29日から始まる
「赤福ぜんざい」(リンク)
画像を見る限り、この商品のみ「つぶあん」です。
いつか食べたいな。

そんなことを思いながらその後も旅を続けていました。
名古屋の松阪屋の地下を歩いていると
赤福の前に順番待ちの行列が見えました。
ここでもイートインができることを初めて知りました。
オフィシャルサイトを見てみると、名古屋駅のタカシマヤでも!
しかも10月11日から既に「赤福ぜんざい」が始まってると
書いてあります。
10月に名古屋に行った時には味わえたなんて・・・。

いつか、名古屋で「赤福ぜんざい」を食べたいなと
思っています。


赤福 五十鈴川店

住■伊勢市宇治浦田1丁目11-5  (地図)
T■0596-22-7000
時■9:00~18:00 (喫茶は10:00~)
  (繁忙期時間変更有)
休■無し
P■目の前が、有料駐車場
  
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。